カテゴリー: お役立ちプチネタ

目の疲れには簡単“顔さすり”

FF82CC63-97DC-4936-A3C5-F76E6B9BAEEA
スマホ首、スマホ巻き肩、スマホ目、、、近年劇的に増加中のスマホ(だけじゃないけど)使用による首肩腰、さらには頭(頭皮)などの様々な不調や症状があるわけですが、、スマホどころか、ガラケー、いやいやPHSなどを利用する前から、目の不調には悩まされています。目が乾く、ピリピリ痛い、チクチクする、しょぼしょぼする、ホシが飛ぶ、すぐ眠くなる(これが目の不調といっていいのかは不明)、、、最近では頭というか後頭部の頭皮が痺れる(と思っているが、どうなのだろう。)、頭皮がこっている。

ヨガをすれば治るんじゃないの? とか言われそうですが、一時的によくはなっても、職業上生活習慣上なかなか収まることはありません。頭皮や目のセルフマッサージをしてみても、どうも心地よさもその結果もさほどでもないし、、、しかも毎日のことだし、、

など、グズグズしている私に、とてもステキな本を紹介していただきました。
10秒顔さすりで老眼、近視、緑内障はよくなる

点ではなく面でやさしくさするようにマッサージすることで、緑内障、白内障、近視、老眼、目の疲れ、、などに効果があるというもの。実際には、「10秒」というのは1箇所1セットあたりの長さであり、推奨するのは5セットなのですが、それでも1分程度。しかも簡単。ツボをポイントで押すのではなく、ツボの辺りを面で優しくさするだけなわけですから、目の周りでも安心です。

というわけで、この1ヶ月ほど寝る直前にコツコツ続けています。途中で寝てしまうこともあるようですが、、、朝起きた時の目のだるさは随分と緩和されています。日中も疲れを感じたときには、さすってみたり。。簡単だし、心地よいのがなによりです。

指圧やツボ押し、タイマッサージ(タイ古式)など、日本人をはじめ東洋人は痛い、強く押す、押されるのが好きと、チェンマイで修行中に師匠に言われたことがあります。現地では、タイマッサージは強く押される程良い、強くなければ意味がない、もっと強く押せる人に変わってもらう、といった感覚もあるようで、さすがにそれには同意できなかったわけですが。確かに、マッサージやトリートメント方法は、根本は同じでも国や地域によって力の加え方や考え方に違いがあることには納得していたのですが、急にそんなことを思い出してみたり。

1時間程度ですぐに読めます。さらっと一読後、ぜひぜひ続けてみてください。おすすめです。
*この顔さすりで、緑内障や白内障といった眼の病気が治るわけではありません(よくなった方もいらっしゃるようですが、、それなりに時間もかかるし、個人差もあります)

break time, お役立ちプチネタ,   2018年08月15日    コメントを残す 

イライラモヤモヤドタバタお疲れさんに

1E8A5B59-8FE2-48F3-8DDC-DF8437815961
よくわからないけど、なぜか時間がないって思う時に、、
断りたいけど、断れない時に、、
イライラやモヤモヤやドタバタが続く時に、、
いい人でいることに、いい人と思われたいと思う自分に疲れた時に、、

自分にとって大切なものを見失いかけた時に、、

「ここに解決法がきっとある!」なんて期待しないで、かる〜いキモチで読んでみてください。
1〜2時間もあれば読み終わります。

「だよね、、、」って思ったら、
あるいは「そうは言ってもね、、」って思っちゃても、

一旦すべてを投げ出して、大の字になってゴロン。
ふか〜くなが〜くやさしく深呼吸。
何にもしないで、何にも考えないで、ただただ呼吸だけをしてみよう♪

リストを作るのは起きてからでも十分です。
もちろん、リストを作らずともすっきりすれば、それもヨシ♪

もうちょっと、自分に手間をかけてあげられるなら、そんな時にもリストラティブヨガはおすすめです。
おうちでできるリストラティブヨガこちらですこしずつご紹介中

break time, お役立ちプチネタ, リストラティブヨガ,   2018年01月27日    コメントを残す 

簡単うまうまの野菜スープストック

IMG_0063
久々に野菜話で盛り上がっていました。
野菜のスープストック、私の教科書がこちら。
野菜のだしで作る12ケ月レシピ―野菜をあますことなく使った、おいしい野菜料理

キレイで美味しそうな写真と文字数も手数も少ない簡単なレシピ。
“MEMO”で広がるバリエーション。

このユルさと、
やってみたら想像以上の美味しさと、
野菜をジャンジャン使える楽しさに、すっかりはまって、今に至るわけです。

めんど〜そうですが、やってみるとさほどの手間でもなく。1週間くらいもつので、作っておくとなにかと便利。野菜の甘みと旨みをガツンと楽しめます。

break time, breathing, food, お役立ちプチネタ, , 話題になったモノ  2017年05月26日    コメントを残す 

疲れないよりも疲れを残さない

IMG_0057

遊びすぎて電池切れをしたら、すべてを放り出して気がすむまで寝る。起きてご飯を食べたら充電完了。

子どもやペットのように、オトナになった我々も、本来そうあるべきだし、そうあったはず。
でも、そう上手くいかないのが現実です。

やらないといけないことがあったり、
上手く眠れなかったり、
寝たところで回復しないのは“トシ”のせいだったり、、、

じゃぁ、疲れずに済む方法を追求するか。
時と場合によってはそれも必要だけど、、
疲れるってわかっていても、とことん楽しみたい時はオトナにだってあるさぁ。。

リストラティブヨガは、
・疲れや緊張を翌日に残さない
・短時間で上手にカラダを休める
・ココロもカラダも回復させる
お手伝いをします。

それは、忙しくストレスフルな現代人にとって、大切なスキルのひとつです。
スポーツやイベントの疲れはもちろん、
季節の移り変わりに伴う疲労や、日々の生活からくる疲労やストレスにも有効です。
IMG_0058IMG_0059IMG_0060
リストラティブヨガは、時間を割いてわざわざする特別な「ヨガ」ではなく、
日常生活の中に簡単に取り入れられる、思い出したらいつでもできる、いつもそばにいる「ヨガ」なのです。

*ボルスターやネックピローなど、ヨガのプロップの使い方もご紹介しています。
詳しくはこちらから

おうちリストラティブヨガをより快適にするポイントを少しずつまとめています
くわしくはこちらから

break time, breathing, yoga props, お役立ちプチネタ, カラダをゆるめるコツ, ボルスターの使い方, マタニティとリストラティブヨガ, リストラティブヨガ, 子育て中こそリストラティブヨガ, 産後のリストラティブヨガ  2017年05月22日    コメントを残す 

リストラティブヨガと温かさ

IMG_0025
リストラティブヨガには、程よく温かな環境がおすすめです。

リラックスすると自律神経の働きで、、、と、キチンと理由もあるのですが、
そんなにいちいち難しく、正確に、理解しようとしなくても大丈夫。

暖かいお布団に包まれているときと、同じです。
なんだか幸せで、、そこにいるだけでまぁるいキモチになるような、、

部屋の温度が適温であればいいのですが、そうでもない時、
適温だったのに、ポーズに入っていたらちょっと寒さを感じる時、、
ヨガマット1枚で横になっていると、なんとなく下から冷えてくる時、、、

ぜひ、ブランケットを使ってください。

温かくて、フワフワのブランケットでも、もちろん構いません、お好みです。

ただ、個人的には、少し重みと厚みのあるのが、、、オススメです。
程よい重みが、安定感や安心感をもたらしてくれます。
厚みは畳むことで高さの調節にも使えます。フワフワだと包まれている感はありますが、安定感を取りにくいこともあります。
上に掛けるだけでなく、ヨガマットの上あるいはヨガマットの下に1枚引くと温かさと体に感じる柔らかさがグッとよくなります。

オススメのブランケットこちらから
もちろん、、わざわざ購入しないで、おウチにあるものを上手に使うのがイチバンです。

*ブランケットやボルスターなど、ヨガのプロップの使い方もご紹介しています。
詳しくはこちらから

おうちリストラティブヨガをより快適にするポイントを少しずつまとめています
くわしくはこちらから

breathing, yoga props, お役立ちプチネタ, カラダをゆるめるコツ, ネックピローの使い方, ボルスターの使い方, マタニティとリストラティブヨガ, リストラティブヨガ, 子育て中こそリストラティブヨガ, 手作りボルスター, 産後のリストラティブヨガ  2017年05月16日    コメントを残す 

カラダの仕組みと動かすコツ

IMG_0029
セラピストじゃなくても、
ヨガインストラクターじゃなくても、
カラダをちょっと動かしにくく感じている方にオススメです。

骨や筋肉の名前や場所がわからなくても、漢字が読めなくても、
カラダをどう動かしたらいいのか、その仕組みをしっておくと、普段の生活も楽になります。

ヨガのクラスでチラチラでてくるお役立ち情報の“ネタ元”のひとつです。

break time, お役立ちプチネタ, カラダをゆるめるコツ,   2017年05月01日    コメントを残す 

慢性腰痛や肩こりに

IMG_0030
慢性の腰痛・肩こり・頭痛がある方に。
少しというより、それなりに古い本ですが、、、今の私たちこそ知っておきたい内容です。

カラダの痛みも、ココロの痛みも、取り除いたり、バランスをとったりと、対処方法が世に溢れていますが、まずは自分の内にある怒りや大きな不安をただ認めることから。できることなら認めたくない、表に出したくない、人に知られたくない、、そんな感情の存在をただ認める。

その怒りや不安の原因は、今この瞬間も目の前にあるのか、、、
もう戻れない過去のことなのか、まだ来ぬ未来のことなのか、、、

もし、今この瞬間目の前にないのであれば、
ほんのひと時でも、身体が楽な姿勢で、ただゆっくりと自分自身のためだけに呼吸をしてみてください。「もう大丈夫」「今は大丈夫」と、休む自分を許してあげてください。

そんなときに、リストラティブヨガは、大きな手助けをしてくれると思います。

それが、ヨガとどう繋がるのか、他の代替医療や対処療法とどう違うのか、あるいは共通するのか、現代医療としてどうなのか、身体の仕組みとしてどうなのか、、、言葉で理解しようとするのは、もっと後でいいのだと思うのです。

だって、論文書くわけではないのだから。
自分のカラダやココロがもっと楽に、生きやすく、息をしやすくなることが、まずは大切なのだから。

*まずはこの1冊。似たようなタイトル、内容の本が随分と増えていますが、、、基本はココです。一度めはサクサクと、2・3回めはじっくりと読むのがオススメです。

*続編。心身症全般をカバー。最後のまとめもわかりやすいです。

*上記2冊の監訳をされた長谷川氏の著書。ほぼ同じ内容ですが、わかりやすい書き方をされています。

break time, breathing, お役立ちプチネタ, カラダをゆるめるコツ, セルフケア, リストラティブヨガ,   2017年04月30日    コメントを残す 

リストラティブヨガと明るさ

IMG_0026
リストラティブヨガの時には、ちょっと暗いくらいがおすすめです。

全てとの関わりを断ち、自分自身のためだけに呼吸をする時間。

軽く目をつぶってみて、まぶたの奥で感じる明るさが強い時には、
カーテンを閉めたり、照明を落としたり。

逆に、部屋の中がよく見えないほどに暗いのであれば、
間接照明やちいさなライトで調整したり。

ポーズから離れ、戻ってきた時に、明る過ぎてビックリしないように、、、
ちょっと調整したいときに、暗過ぎてバタバタしたりしないように、、、

ポジションが落ち着いたら、
アイピローを使って、、自分の外の世界から遮断。

アイピローは乗せることで、「見る」という行為からの解放を、
その柔らかな重さで、鎮静を、
外してしまえば、いつでも元にもどることのできる安心感を、もたらしてくれます。

アイピローは手を伸ばせば届く位置においておくことも、忘れずに。

**********
ほんのりラベンダー香る“くつろぎアイピロー
ご自身用にも、大切な方への贈り物にもおすすめです。

studio PLUMERIA オンラインショップこちらから

アイピロー、ネックピロー、ボルスターの使い方もご紹介しています。
【ヨガプロップの簡単な便利な使い方】

breathing, yoga props, お役立ちプチネタ, アイピローの使い方, カラダをゆるめるコツ, ネックピローの使い方, ボルスターの使い方, マタニティとリストラティブヨガ, リストラティブヨガ, 子育て中こそリストラティブヨガ, 心の疲労回復処方箋, 手作りボルスター, 産後のリストラティブヨガ  2017年04月27日    コメントを残す