カテゴリー: イスをつかったヨガ

脚をあげよう ラクチンになろう

image
お疲れモード、脚のむくみ、下半身のだるさ、、、そんなときには脚をあげよう

壁に向かって脚をあげて転がっていたら、母親に叱られそうな気がしますが、、、自分メンテナンスのためにわざわざ脚を上げている!ワケですから、ただただお行儀が悪いわけではありません。

歩き疲れたときなど、足を高くして眠った経験もあることと思います。同じです。足を高くすることで、体液の循環がよくなり、むくみの解消や疲労回復に役立ちます。短時間で効率良くパワーチャージをするために、わざわざ足をもっと高く上げてみる。こんな感じ↓

image
【もっと快適に!ワンポイントアドバイス】
◼︎まずは首の安定を! ネックピローを使ったり、頭の下にタオルを引いたり。。
*首のポジションについてはこちらネックピローの使い方〜“あご”はどこを向く?

◼︎お好みですが、、身体の下が柔らかいと快適度数があがります。今回はヨガマット

◼︎お尻〜腰の下にブランケットや座布団をいれるとさらに流れが良くなってますますご機嫌
*血圧が高めの方はお尻は高くしないで、頭を心臓よりも高くしましょう

◼︎壁に踵があたるのに違和感を感じたら、ブロックなどの上にボルスターを。アキレス腱のあたりがボルスターの端っこに乗ると、アタリが柔らかくて快適です

◼︎お好みでボルスターの角度を変えてみるのも大事ポイント。壁とボルスターの間をクッションやブランケットで埋めると安定感UP!
*こんなイメージ:腰ゆるぐぅたらポーズ

◼︎腕は楽なところに。身体の横だったり、上(頭の方)に伸ばしたり、肘を曲げてみたり、、
いろいろ試して今日の快適ポジションを見つけます

◼︎脚を下ろすときは、まず膝を曲げて足裏をボルスターや壁にあててひとやすみ。そこから横になったり、膝を胸の方に寄せたり、、、ゆっくりゆっくり起き上がりましょう〜
ゆっくり、丁寧に、起き上がるのも自分への優しさです! ここ、すごく大事ポイント

************
脚をあげている時も気持ちがいいのですが、5分、10分くつろいでから起き上がると、脚が軽々〜。スッキリしてて楽しくなっちゃいます。それはそれでいいのですが、脚をあげている時の身体の安定感、どっしり感、重力に委ねきっている感、沈みそうな感覚。これが好きなんですよね。。おすすめですよん。

モデルのKさま、今回もありがとうございました

ラクチン度数をあげるお手伝い〜ヨガプロップの使い方はこちらから
【ヨガプロップの簡単便利な使い方】

breathing, yoga props, アイピローの使い方, イスをつかったヨガ, カラダをゆるめるコツ, セルフケア, ネックピローの使い方, ボルスターの使い方, リストラティブヨガ, 心の疲労回復処方箋  2014年09月08日    コメントを残す 

おうちチェアヨガ 〜呼吸をしよう

image先日の「おうちチェアヨガ」勉強会。備忘録(お互いの。。)その1。
まずは、やっぱり呼吸から。

座面にお尻の骨でしっかり、どっしり座りましょう。
足の裏はドンと床に。指先も膝もまっすぐ前に向けておきましょう。
いつも土台の安定からスタート。

体の前をすらっと伸ばして、お腹を軽く持ち上げて、首も長く〜
でも顎あげない、軽く引きます。肩はリラックス〜
肩に力が入る時は、一度ギュ〜っとあげてから、ふぅ。。。で、ストンと下ろしてみましょう。

姿勢大事ね。慣れるまでちょっと面倒でも、イチイチ土台から作るクセをつけると、そのうちそれが普通になります。ラクチンになります。そう、それも習慣です。。

さぁ、あとはゆっくり、たっぷり呼吸するだけ。
手は腿の上でも、お腹の上でも。楽なところで大丈夫。

遠くに優しく届けるように、なが〜くゆ〜っくり吐いて、、、
気持ちよく吸い入れて、、、
その繰り返し。苦しくならないペースと深さでどうぞ。
好きなだけ、呼吸を楽しんでみてください。どんないいこと、どんな変化がカラダとココロに起こるのか。やってみて、感じたことが全てです。アタマで考えない。コトバに引っ張られないで。大丈夫、自分の感覚、信じてみてくださいね。

【ワンポイントアドバイス】
◼︎腹式呼吸になってない??
無理にお腹を膨らませたり凹ませたりしない。お腹の動きが気になる時は、お腹に手をあてておくと意識が向きやすくていいですよん

◼︎それでも、お腹が動かないときは、、、
背中を伸ばしたまま少し後ろに倒れて、背もたれに寄りかかって呼吸。
力を抜きやすくなります。でも、猫背になって胸の前が狭くならないように。。。肘を少し開くと胸が開きやすくなりますよん

◼︎回数や時間が気になって仕方が無いときは、、、
まずは5回、そして10回ですかね。。 10回やってみて、もう少し続けたいとき、続けられそうなときは、3分、5分に。優しい音のアラームをかけておくと安心でしょ。10回以上続けるときはアラームの方がいいですよん。数えるの大変だからね。。

******
わざわざゆっくり呼吸をする!っていう時間を作って、わざわざするのがいいのです。その時々で感じることも違くていいのです。ホッとしたり、ポカポカしたり、呼吸が浅かったり深かったり、気が散って仕方がなかったり、もっと続けていたかったり。。。いろんな変化も、いろんな自分も面白がって楽しんで みてください。そう、、、オモシロイの。呼吸も自分も。。

イスをつかったヨガ, カラダをゆるめるコツ, セルフケア, 心の疲労回復処方箋  2014年08月29日    コメントを残す 

【WS】8/23おうちチェアヨガを覚えましょう

20140814
ヨガには興味がある、やってみたい。
運動不足をなんとかしたい。
時間や場所的都合でヨガスタジオやスクールにはいけない。
だから、おうちでヨガをしたい!

そんな方には“イスを使うヨガ”がおすすめ。

ということで、8/23(土)13:30〜 “おうちでできるイスヨガ”を覚えるワークショップを開催することになりました。

・覚えやすい、わかりやすいポーズが多い → カラダの動きや変化に意識を向けやすい
・イスさえあれば、いつでもどこでも好きなだけ♬ → ヨガマット・着替え・場所も不要
・足や骨盤が安定 → 呼吸も深まりやすい
・結構ラクチンなのに、ポイントを抑えればカラダにガッチリ効いてくる
・カラダが硬い。。。って、がっかりすることがない
・なにより、ポーズという“形”を作ることに頑張りすぎることがない
・だから、苦しい・キツい・全然できない、、、そういうことにはなりません

チェヨガはかなり安全、バリアフリー。老若男女筋力柔軟性一切問わず一緒に楽しめます。
簡単です。ラクチンです。カラダにもキモチにも余裕をもって取り組めます。
だからこそ、もう少しカラダと仲良くなれるように、響くように、大事なポイントを抑えておくとよいのです♬

【詳細】
■場所:仙台市青葉区広瀬町
■日時:8/23(土)13:30〜 *要予約 90分程度
■持ち物:動きやすい服装服装、フェイスタオル1枚、お飲物

*ヨガの経験、筋力柔軟性、年齢、、、不問です。お気軽にどうぞ。

★チェアヨガの基本&大事ポイントはこちら“チェアヨガのすすめ”でご紹介してます。

★チェアヨガではこんなことをしています:チェアヨガ日和

イスをつかったヨガ, カラダをゆるめるコツ, シニアヨガ, ワークショップ, 心の疲労回復処方箋  2014年08月21日  2件のコメント  コメントを残す 

おうちリストラティブヨガ 応用編クラスがスタート!

20140722
おうちでできるリストラティブヨガ〜more!」応用編のクラスを開講いたします。

ご自宅でもできるように、、、と、アレコレ試したり、くつろいでみたり、起こされたりを繰り返しつつ、ジブンの快適ポジションを探しだす4時間の1DAY講座
お家でできるリストラティブヨガ

以前ご参加いただいた方々から、「なにかが違くなってきた、、」とか、「他のポーズもあるのか、、」とか、「○○を買ったから使い方を知りたい」とか、ご連絡をいただくようになりました。ありがとうございます。

と、いうわけで、みなさまのご自宅での快適&くつろぎ度数をあげるための応用編クラスです。内容も日程もご希望をお伺いしてからの調整。ポーズやプロップに特化した濃厚な2時間をお楽しみください。
・基本のポースを再調整
・ご自身にあった新しいポーズ(腰痛に、更年期の症状に、自律神経の調整に、慢性疲労に、、、)
・ボルスターを使ったヨガのポーズ
・プロップ(ボルスター、ネックピローなど)の使い方 などなど

もう一歩先のくつろぎと優しさへ。
お会いできることを楽しみにしております。

breathing, yoga props, アイピローの使い方, イスをつかったヨガ, カラダをゆるめるコツ, セルフケア, ネックピローの使い方, ボルスターの使い方, リストラティブヨガ, ワークショップ, 心の疲労回復処方箋  2014年07月22日    コメントを残す 

チェアヨガ日和

20140704
湿度が高くすっきりしないこんな日は、チェアヨガ日和です。本日も、ガツっと、スカっと、伸びっと、ギュギュっと行いました。

「ウチでやろうと思ったら、すっかり忘れちゃって〜 あはは〜」

来月もまたこんな楽しい会話から始まりそうな気配を強く感じているのでおさらいです。

【本日のチェアヨガ】
■肩まわり、肩胛骨まわり、背中全体、上体をほぐしましょう
わざわざゆっくり動かします。上げたり、下げたり、広げたり、寄せたり、反らしたり、しまったり、伸ばしたり、ひねったり。。。足裏を床にどっしりつけて、お尻の骨で座って、骨盤を立てて。

■前屈で首肩腰をダラっとゆるめて、お腹と背中を上手に使って起きてきます
まずはスラっと伸びて〜 骨盤から上手に前屈です。腰が落ちてると気持ちよくありませんよ〜
頭からお尻までまっすぐに、首もなが〜く、お腹にちょっとチカラをいれて、足裏もドンとついて、起き上がります。手は腿の上でも大丈夫。背中のすっきり感も味わいましょ〜

■カラダを横に伸ばしたり、ひねったり
ご自身の腕の重さを上手に利用して、カラダの横を伸ばします。お尻はドシっと座たっまま。
ひねるときは、お尻どっしり、背骨まっすぐ、骨盤正面。お腹のお肉といっしょに内臓もギュ〜 背中もキュ〜
ゆ〜っくり戻ってきたときの、お腹の開放感もお楽しみポイント♬

■イスに座って戦士のポーズ
お尻半分のせて、前足からポジションを決めていきましょう。足や膝の向き、骨盤の向き、後ろ足の伸ばし方。土台をどしっと構えると、上半身はゆったり堂々としてきます。カラダを前に向けた戦士&カラダを横に開いた戦士。カラダも強く、ココロも強く! 終わった後は、足がフワフワ〜 

★今日のおまけその1 イスのポーズ
お尻引いて、骨盤を傾けて、上体まっすぐ。苦しくて眉間にしわが寄ってきたら、手の指モゾモゾ&スマイル〜

★今日のおまけその2 木のポーズ
片足でカラダを支える脚の強さ、集中力、バランス感。イスがあるから安心♬ ピタリって止まらなくても大丈夫。穏やかなココロでジブンの真ん中、探してみてください。

全部じゃなくていいのです。思い出したときに、カラダが固まってきた。。。と気がついたときに、ちょっとずつね。痛くなるまで伸ばしたりしないで、“今日のところはこのへんで、、”もどうぞお忘れなく。

むむむ、イマイチ。と思ったら、基本の大事ポイントを思い出してくださいね。こちら“チェアヨガのすすめ”でご紹介してます。

**************
いやいや、今日もスッキリしました。汗かきました。カラダと仲良くお話しました。そして、笑いました♬♬

breathing, イスをつかったヨガ, カラダをゆるめるコツ, セルフケア, 心の疲労回復処方箋  2014年07月04日    コメントを残す 

チェアヨガのすすめ

chair
このところのマイブームは“チェアヨガ” イスでサポートしながら楽しむヨガです。

チェアヨガというと、シニアヨガのイメージが強いのでしょうか。クラスで「今日はイスを使ってみましょう〜」となると、なんとなく空気が変わったような感覚に襲われることもあります。もちろん、「たのしそ〜」と上がるときもあるのですが。。。

まぁ、確かに
・イスさえあればどこでもできるヨガ
・着替えをせずにできるお手軽ヨガ
・腰や膝に痛みのある方、シニアの方でも安全にできるヨガ
ではあるのですが、

・呼吸とともに動きやすかったり、、
・イスを使うことで安定感が増し、余計な力みをとったり、、
・柔軟性や筋力に関わらず、心地よくポーズに入りやすかったり、、
・脊柱を上手に動かしやすかったり、、
・今のジブンにとって丁度いいところを見つけやすかったり、、
・グラウンディング(地に足がついている感、安定感)しやすかったり、、

ラクチンでお手軽である以上に、いいことがたくさんあるのです。

特に今時期は本当におすすめ。季節の変わり目、暑さにも慣れていない、しかも湿度も高い。こうなると、なんかだるかったり、調子が悪かったり、痛かったり、めんどうだったり。。。そんなときには、大きく動くよりも、気持ちよく伸ばしたり緩めたりする方がスッキリしたりします。ゆ〜っくりじわ〜っと、体内にたまったモヤモヤさんを流してみてくださいね〜

【チェアヨガの大事ポイント】
■どっしり構えましょう 〜足裏はドカっと地面に、お尻(坐骨)はドカっと座面に、骨盤は正面に! 
 *膝はまっすぐ前に向けます 開いたり、内股にしたりしません
 *イスには浅めに腰掛けます 深く座ると動きにくいです
 *キャスター付、回転イスは安定しないので、動かないイスがおすすめです

■骨盤をすらっと立てましょう 〜カラダの前を伸ばす感じ 背中がきもちよ〜く伸びますよ

■呼吸に合わせて動きましょう 〜いつも呼吸が先

■わざわざゆ〜っくり動きましょう 〜ゆ〜っくり丁寧に動くと、カラダからのメッセージをキャッチしやすくなります

■伸ばすところは伸ばし、緩めるところは緩めましょう 〜全部緩めちゃうと気持ちよさ感が味わえなかったりします

*ラクチンすぎて気持ちがよくない、、、と思われる場合は、上記5ポイント、ひとつひとつ確認しながらお試しください。腰が落ちたり、骨盤が斜めを向いていたり、スイスイ動かしたり、伸ばすところを緩めたりしていませんか??

そもそもヨガとは、、、という話しをここで続けるつもりは全くないので、“今日のところはこの辺で”。。。

*“今日のところはこの辺で” この感覚を味わいやすいのも、チェアヨガだったりするのです♬

breathing, イスをつかったヨガ, カラダをゆるめるコツ, シニアヨガ, セルフケア, 心の疲労回復処方箋  2014年06月25日    コメントを残す