カテゴリー: 引きこもりホーチミン

翻訳アプリのコツ

1A3A9EA2-CD99-4254-9E82-88FCE689868D
お出かけするとよく聞かれる言葉の問題。
私たちは二人とも、まぁまぁレベルの英語力しかありませんが、なんとかなります。なんとかしてます。相手と同レベルでの会話が成り立たない場合には、翻訳アプリに頼っています。必要に応じて、通訳も手配しますけど、、

【翻訳アプリのコツ】
・出来るだけ短い文章すること
・主語述語をはっきりさせること
・元言語(基本は日本語だと思いますが、、)は、省略できる丁寧な表現や装飾語は不要
・伝えたいことが複数ある場合には、単文にして、箇条書きのようにすること
・多義語や同音異義語は、間違いにくい単語言い換えること

今回は、ベトナム語やクメール語。そもそもで読めないし、全くわからない。。時々現地語に翻訳する前に、英語に翻訳して内容を確認しています。日本語の言い回しをフクザツにしていると、翻訳された英語が意味不明だったり、伝えたいこととは違かったり。。ちょっとウケます。

もちろん逆のパターンもありで、翻訳アプリを通した日本語がどうにも理解できないことも多々あります。結局、単刀直入的簡易な文章で互いに落ち着くことになります。精度が上がっているとはいえ、わかりやすく相手に伝えようとするキモチは、口からでる言葉であれ、アプリ使用であれ、同じってことですね。

simフリー端末やwifi環境がいいため、言葉も、情報入手も、地図的なことも、信じられないくらいラクチンになり有難い限りです。10年、20年前の若かりし頃はもちろん、つい5年前でさえ、どんな風に旅をしていたのか、、、今となっては思い出すことも難しいです。

お散歩, 引きこもりホーチミン  2018年02月18日    コメントを残す 

tet ベトナム旧正月を定点観測してみたり

365D737E-B564-429C-8E17-FF868F775424
今年のtet(ベトナムの国が定める旧正月期間)が、2月15日〜20日。幸か不幸か、ホーチミンに滞在中で、旧正月を迎える人々を定点観測するような毎日です。

13日までは、ヨーロッパ系はもちろん、中国韓国の観光客も多いし、いたる所で年末セール。赤と黄色で飾られた街はとても賑やかで華やか。観光スポットでは、若干イラッとするほどの自撮りだらけで、歩くのもままなりません。もちろん、観光客とは別にベトナム 国内の交通事情やマナーも大きな要因ではあるのだけど。。

14日になると、観光客激減。特に中国韓国人の減少が顕著。それぞれの旧正月を祝いに帰ったのか、ベトナムも旧正月で多くの店舗が休みになるから移動したのかは不明。他国からの観光客の代わりに、ベトナム人の家族が人気スポットに溢れます。アオザイを着て、こんなところでも、、と思うような場所でさえ写真撮影。男性陣は立派なカメラを抱え撮影に勤しみます。歩道はオートバイの駐輪と自撮りで溢れかえっているわけですが、オメデタ感がこちらにも伝わりまぁいいか、、っていう感じ。撮影スポットでは、アオザイレンタルが人気でちょっと驚きました。夕方には多くの商店も終了。それまでに食料品を買い込んでおかないと大変なことになります。。。

大晦日にあたる15日。更に観光客は減り、ベトナム人家族の写真撮影激増。とはいえ、休暇に入る商店も多く、営業中のカフェやレストランは混雑。日にちが変わる頃には、数カ所で花火も上がりカウントダウン(らしい)。興味はあるけど、想像できない程カオスとなることが容易に想像がつき、恐ろしくていつも通り早く就寝。

16日。Chuc mung nam moi 明けました。午前中はほとんどのお店がお休み。チェーン店や観光客向けのお店でも午後開店だったりします。というわけで、我々の定点観測も午後から。どれほど賑やかなのか、、、と勇んで出かけたのですが、、、特にイベントも見かけず、人出もかなり少な目。前日よりも更に少ない営業中のカフェやレストランはやっぱり混雑。交通量も嬉しいほどに少なく、快適なお散歩日和。普段の排気ガスによる大気汚染がいかにヒドイか、、、悲しい程に気がつかされます。

多くの個人商店は20日まで休暇。営業する店舗でも、時間短縮や、メニューを減らしたり。旧正月明け、どんな風に街が日常へと戻るのか、定点観測はもうしばらく続きます。

引きこもりホーチミン  2018年02月17日    コメントを残す