カテゴリー: ハーブのアレコレ

こんな寒い日には生姜風呂〜体調不良にはハンドバスで

f0a0f7cd8c5ff150835a6192e81e526f_s

こう寒さも続くと、しっかりお風呂に入って温まったところでお布団に入り、そのポカポカ感を全身で受け止めながら眠りにつきたいわけですが、体調不良などで入浴できない時には手浴(ハンドバス)を!

 

手浴・ハンドバス

洗面器(風呂桶)などに、手を入れてちょっと熱いかな、、くらいのお湯を用意します。洗面器に両手を入れて数分ぼんやり。

手から温まり、手首、腕、肩周り、首回り、顔、、って上半身がだんだんポカポカしてきます。

 

ちょっとヒト足し〜スグレモノは生姜だったり

この時期はジンジャーなんたらや、生姜なんたらで、ホットドリンク系にも「生姜・ジンジャー」が溢れますが、お風呂にだって使えます。
それどころか、むしろオススメです。いつものよくある「食材」は、実はすごい「薬用入浴剤」。

ハンドバスであれば、おろした生姜、あるいは程よく薄くスライスして、そのまま使うだけ(流しに捨てればゴミの問題もなさそうだし)。
手につくのが気になる時には、お茶パックなどに入れておくと、片付けもラクチンです。親指の爪から1関節くらいの大きさでしょうか、、、適当で大丈夫。

個人的には、チューブ入りの生姜はおすすめしませんが、、、
生姜100%であればまだいいのですが、保存のために添加物も入っていますので、、とはいえ、食べても問題ない食品添加物なわけですから、体への悪影響はないのだと思います。

 

生姜はちょっと、、、な時には精油やハーブで

ハンドバスは、お湯だけでもいいのですが、エッセンシャルオイルやハーブティを加えると、血行促進作用でより温まりやすくなったり、香りの成分でリラックス効果が高まったり、殺菌作用があったり、、といいことが増えます。

エッセンシャルオイルの場合

 

ハーブティーの場合

 

足浴・フットバスは足元から温まります

用意するもの、やり方とも手浴と同じですが、今度は足を入れるので、少し大きめの洗面器が必要だったりします。足といっても、本当に足(足首くらいまで)でもいいのですが、ふくらはぎあたりまで浸けられると、温まり方が違います。こちらは心臓から一番遠いところを温めるわけですから、全身温まりますが、特に下半身に冷えを感じる時には有効。
とはいえ、両足一度に入れるのは結構大きなサイズが必要になるし、使うお湯の量が増えるし、ということは運ぶのも重たくなるし、場所の確保もあるし、床が濡れないようにタオルをひいたり片付けたり、、と結構な重労働になってみたり。後片付けのことまで考えてから用意しないと、残念なことになったりもするので要注意。

 

元気な時には「生姜風呂」がオススメ

浴槽に入れる「生姜風呂」もオススメです。生姜の香りにほんわり包まれての入浴は、それだけでもカラダに良さそうだし、実際血行促進され温まります。ただ、この場合には、おろした生姜やスライスした生姜はお茶パックなどに詰めてから使うのがベター。そのまま入れてしまうと後片付けに苦労します。。。また、皮膚のデリケートな部分にも触れることになるので、控えめの量からスタートするのがオススメです。
*体調や体質で、刺激を強く感じることもあります。

 

生姜に含まれる成分が溶け出すことにより、下記のような効果効能作用が期待されますが、一度二度入ったところで全てが良くなるわけではないので、期待しすぎは良くありません。ともあれ、温まるのは本当です。

 

いずれにしても、体調管理をして、どうか温かくお過ごしください。暦の上でさえ、ココロもカラダも浮き立つ春はもう少し先のようです。

ハーブのアレコレ, カラダのアレコレ  2019年01月27日    コメントを残す 

夏の疲れに“おうち湯治”

E01BEEF0-FF41-4D25-ABF8-9753C80535F8

暑さとそれに伴う水分補給の影響がでてきたのか、この数日胃の疲れを感じています。相変わらず食欲はあって、モリモリ食べているのですが、どうも消化が追いつかない感じ。。。ボンヤリと体の内側が疲れているのを感じます。まぁ、夏の疲れというか、暑さ疲れと言われて終わりそうですが、、

こんなときには、おうち薬湯「百勵根(ひゃくれいこん)」に限ります。

9種の生薬(オウバク末、サンシシ末、ショウキョウ末、センキュウ末、トウキ末、トウガラシ末、ガイヨウ末、トウヒ末、ハッカ末)が配合されていて、気持ちがいいほど(面倒な程)内側から汗をかきます。といっても、体力消耗系ではなく、スッキリ系。薬草感バリバリの香りもお気に入りです。

「百勵根湯の入浴方法(事例)」というのが、購入したときに入っていて、今でも忠実に守っています、守ることにしています。

要は、5分程度の入浴を日に9回もする。「本日は湯治」と決め、気合いをいれて臨むわけです。午後から半日湯治です。最初の時は、翌朝あまりのグダグダぶりに、体に合わないのか、入り方を間違えたかと思いましたが、2回目からは爽快な目覚め。すっかり虜となり、お疲れ気味の時は喜んで(意味がわかりませんが、、)楽しんで、“おうち湯治”となります。

入浴の合間には、程よく水分補給し、ぐぅたらしながら汗が引くのを待ち、本を読んだり、雑誌をめくったり、ボンヤリしたり、ストレッチしたり、、、好きなだけのんびりしています。至れり尽くせりのホスピタリティとは無縁となりますが、こんな時はやはり自宅に限ります。自分に必要なものや、好みのものが、最低限手の届くところに揃っている。

【効能】
腰痛、神経痛、冷え性、痔、肩のこり、うちに、くじき、あせも、しもやけ
・ぬるい湯でも体がよく暖まり湯冷めしにくくなる
・疲れがとれよく眠れる
・気分を和らげる
・こり、痛みを気持ちよく和らげる
・滑らかな肌ざわり

【注意事項】
・トウガラシが入っているので、ピリピリすることもあるかもしれません。
・浴用剤は湯船に入れると同時に両手で揉み出し、黄色の液が出なくなるまで静かに揉み続けるのがポイント。湯船にドボンと入れてしまうと、空気が入り揉めなくなります → 成分が抽出されにくくなります
・普通の入浴剤として使うこともできます。冬にはおすすめ。

せっかく半日かけて“おうち湯治”をするわけなので、そんな日は食事も軽くし、消化器官にもお休みいただき、消化に関わるエネルギーを体調回復にまわします。夜はお気に入りの野菜ジュース。翌日も可能であれば朝は果物や野菜ジュース、お昼はおかゆ、夜はモリモリご飯 → 気力体力復活、、となるわけです。

お疲れ気味の方も、当てはまる症状がある方も、なんか気になる方も、おススメです。

◼️10包+1包のお試しパック

◼️我が家はこちら 50包+10包

ハーブのアレコレ, カラダのアレコレ, 心の疲労回復処方箋  2018年08月14日    コメントを残す 

スリランカの軟膏 シッダーレパにハマる

IMG_0014

別にドコが悪いとか、いつも痛いとか、よくケガをするとか、、、
そういうわけではないのですが、なぜか旅先で“軟膏(バーム)”を買ってしまいます。

スリランカにもありました。

シッダーレパ
病院、ホテル、スパの運営、製薬、アーユルヴェーダ関連商品の開発製造販売等、海外(特にドイツ)でも高い評判を持つ企業の軟膏(バーム)です。スリランカではどこでも買えます、小さい地元のグロサリーショップにもおいてあるくらい。これは、サマハンと同じね、、

*商品サイトはこちら

成分:ユーカリオイル、シトロネラオイル、シナモンオイル、パイン(松)オイル、カンフル、カモミールオイル、メントール

効能及び適応症:のどの痛みや咳に、筋肉痛,肩こり、虫刺され、軽い頭痛や歯痛、リラックス効果

スリランカでは風邪をひくとこの軟膏をお湯に溶かして蒸気を吸うとの情報もありますが、恐ろしくてできません。。。でも、きっと喉鼻はスッキリするんだろうなぁ。

不慣れな肉体労働でバキバキのとき、腰痛に襲われた時、蚊に刺された時、、
この手のバームは個人的にはよく効きます。ただ匂いがね、、、キツイのでお仕事前は使用不可。お風呂上がり寝る前によく使うのですが、、、お布団がそのニオイになるので家庭内では不評。それでも、しつこく使うし、旅先で購入し続けています。

チェンマイからも随分持って帰ったきたなぁ、、、
有名な緑のマッサージバームはもちろん、ピンクでほんのりいい香りだったり、やたら強烈(香りも刺激も)だったり、、
タイ語は読めないのだから、写真にとっておけば良かった。。

ハーブのアレコレ, アーユルヴェーダのアレコレ  2017年04月16日    コメントを残す