月別アーカイブ: 2017年11月

本:「ジブンの小さな「箱」から脱出する方法」

IMG_1195

自分の小さな「箱」から脱出する方法 著:アービンジャー・インスティチュート

身の回りの人間関係のトラブルは自分が原因。だからそのパターンを変えることでうまく行く、「箱」という独自の表現で展開しています。

ストーリー仕立てなので(文章は)読みやすいのですが、重複も多く、内容の割には長く、、、それまでの内容がまとめられた数カ所を読めば概略はわかるかも。そうはいっても、確かに筆者の言う「箱」に入っていることあるな、、としみじみ思いながら、反省しながら、読みました。こういう本って、何冊も読んでいると新しい学びって少なくなってきたりするのですが、それでも自分にかけていることに毎回気がつかされます。そして、以前も同じように気付かされたことに対して、未だ改善できていない自分に反省したりするのです。何冊も読むのも大事だと思うのですが、その度に自分自身を変えていかなければ結局は自分の成長はほとんどないのだと、深く実感。

 

感謝の気持ちを忘れないこと、今目の前のことに真摯に向き合うこと、楽しむこと、そして自分自身を大切にすること。ヨガからの学びはシンプル(時に難解だけど)。でも、どんな時にも自分らしく与えられた生命を大切にし、自分のこころとからだをつなぎ、大切な人と、支えてくれるたくさんの人と、またその周りの人へとつないでくれるヨガの教えは、どんな自己啓発やコミュニケーションの本よりも深く心に入ります。

 

  2013年04月30日    コメントを残す 
12

本:「夜行列車で旅するヨーロッパ」

IMG_1192

夜行列車で旅するヨーロッパ

いつかやってみたいこと。夜行列車でのヨーロッパ旅行と船での世界1周。この本では、ヨーロッパを周遊する夜行列車10本を特集。車窓からの風景、駅周辺、列車、車内設備、料理、、見ているだけで気分が盛り上がる写真がたくさん。予定さえまだまだ立てられないのに、どれに乗ろうかしら、寝台のクラスどうしようかしら、、、などなど妄想中。

 

  2013年04月30日    コメントを残す 
12

本:「ワーク・シフト」

IMG_1178

ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉著:リンダ・グラットン

2025年に設定して、これからどのようにワーク(働き方)を変えていくのがいいのか、ということを論じた本。テクノロジーの発展、グローバル化、人口構成や社会の変化、環境問題が、働き方に大きな影響を与える5つの要因とし、その中で企業と労働者との関係がどのように変わってくるのか、働き方をどう変えていくべきなのか、そのためにどうすべきなのか、といったことが書かれています。

現在すでにそのシフトは始まっています。そしてこの本で推奨されているようなクリエイティブな働き方や生き方ができる人はほんの一部。でもそれは、そこにはまらない多くの人の支えがあってのものです。自分の人生や仕事には全く関係ないようでも、私たちはどこかで繋がっていて、支えられている。だからこそ、まずはワーク(仕事)があること、そのワークの安定や持続性が確保されることが大切です。そしてそれは、いわゆる「仕事」だけではなく、生きていくこと全てに、私たち人間社会だけではなく地球上の全ての生命にも関わり、繋がっていく。より自由に自分らしく生きるためにワークシフトできる人にこそ、その繋がりをも大切にしてほしいと願います。

仕事の世界で必要な3つの資本。「知的資本」知識と知的思考力、「人間関係資本」人的ネットワークの強さと幅広さ、「情緒的資本」自分自身を理解し、選択について考え、勇気ある行動をとるための精神を育む能力。これは今も昔もそしてこれからも変わらないもののようです。もちろん、その前提にあるのは、自分自身の「からだ」「心」「精神」が健康であること。それがなによりの資本。よりよい仕事をするために、より社会に貢献するために、自分らしく生きていくために、一番大切なことは、自分を大切にすること。そしてそれは、自分の大切なひとを大切にすることに繋がっていきます。

■kindle版はこちらから

 

我が家にもkindleとipad miniがあるので、電子書籍でも読めるようになりました。何冊も本を持ち歩かなくていいので、移動時間の長い時には便利〜♥と思っていたのですが、結局本を数冊持ち歩いてしまいます。今読みたい本が電子書籍じゃない、という理由が多いのですが、読みたい本も電子書籍の中にあるわけで。。。あまり深く考えないことにしています。

 

 

 

  2013年04月24日    コメントを残す 
12

幸せはいつもすぐそばに

IMG_1174

 

先日のリストラティブヨガのWSで、大好きな先生からいただいた「幸せの豆」。石巻鹿妻のばっぱ(おばあちゃん)たちが、ひとつひとつたくさんの思いを込めて、小さな豆を包んでくれました。

小さな豆と一緒に添えられた紙には、「負けねど」とたくましく生きるばっぱたちからのメッセージ。

ちいさな ちいさな 幸せの豆

○水が飲める幸せ

○ご飯が食べられる幸せ

○布団で眠れる幸せ

○家に帰れる幸せ

○笑い合える幸せ

幸せはすぐそこに……

 

2年前には当たり前だったこと。それがどれほど幸せなことなのか、そしてある日突然にその全てがなくなってしまう可能性があるということが、今ならわかります。最近また大きな地震がこの地球で頻発し、その映像を見るたびに、2年前のことを思い出します。復興地に思いをよせ、新たな被災者を思い胸が痛み、そしてそれと同時にあの日家に帰って来たときのことが蘇ります。私には帰る家があり、待っていてくれる人がいた。

「in the moment」私のヨガの先生がいつも言っている言葉です。この瞬間を大切にすること、「今に在ること」。そして、未来は、「今、この瞬間」の積み重ね。私が今生きている、大切な人が生きている。すでにそれだけで、幸せはいつもすぐそばにあるのです。目指す未来のために、今を大切に生きること。どんな時にも忘れないように、毎日一緒のペンケースに小さな豆をつけました。

 

 

石巻鹿妻のばっぱたちのたくましい復興への道のりはこちらから

 

 

 

ヒトリゴト  2013年04月24日    コメントを残す 
12

5月ピラティスクラス

Young Woman Working Out On White

 

5月のピラティスクラスのスケジュールです。薄着になるこれからの季節のためにも、今から少しずつ整えておきましょう。

【日時】

火曜クラス:5/14、28 15:30〜16:30

木曜クラス:5/16、30 18:30〜19:30

土曜クラス:5/11、25 10:30〜11:30

【場所】スタジオシルヴァン(仙台市青葉区中央/青葉通りダイエー向かい)

【料金】ドロップイン 1,890円/7回チケット 10,500円(6ヶ月有効、ヨガクラスと共通チケット)

★お問い合わせ、ご予約はこちらから

 

ピラティス  2013年04月24日    コメントを残す 
12

カモミールで美肌を

カモミール

 

お気に入りのジャーマンカモミールのチンキ。チンキ(ティンクチャー)というのは、ハーブをアルコールで抽出したもの。水溶性のものと脂溶性のものが抽出されます。外用にも内用にもできるように、我が家のチンキはいつもウォッカを使用。

ジャーマンカモミールは、消炎、鎮静、鎮痙作用などを持つ万能ハーブ、「緑の薬箱」の定番。我が家ではハーブティでいただくよりも、チンキにして、ちょろっと他のハーブティに混ぜたり、ローションにして使うのがお気に入りです。消炎つまり炎症を抑える働き、鎮める働きがあるので、肌荒れや日焼け後のケアに大活躍。ローズのチンキ、季節や気分にあわせた精油を使ってローションを作っています。気分や季節、お肌の状態に合わせて少量でブレンドを変えられるのが手作りコスメの一番の魅力。これからの季節にはますます活躍を期待。

作り方は簡単。10g程度のドライハーブに対して100ml程度のアルコール(40度以上、内用にはウォッカやホワイトリカーを使用)を煮沸消毒した広口の瓶に入れ、約2〜3週間、ほどほど明るく温かい場所に放置(1日1回くらい優しく瓶を振って中を混ぜます)。あとはガーゼなどで濾して、抽出された成分を遮光瓶で冷暗所に保存。1年くらいもちます。お茶などに数滴混ぜたり(身体を温め鎮静効果も)、少量のグリセリン(保湿効果)と水(精製水やミネラルウォーターなど)で薄めてローションに。毎日コットンから溢れるくらい贅沢に使ってくださいね。

アルコールと相性の悪い方は、ハーブティを冷ましてローションにしても。去年の夏、原因不明の恐怖の肌荒れに襲われたワタシはカモミールティのローションパックで乗り越えました!ハーブティを冷やして使う場合には雑菌も入りやすいのでご注意ください。もちろん、使うハーブはオーガニックか農薬不使用のものを!特にチンキでは、アルコールで長期間抽出している分、ハーブティでいただくよりも、多くの成分がよくも悪くもしっかり抽出されてしまいます。

植物のチカラが皆さまの更なる健康と美容にお役に立ちますように。私たちはいつも自然とともに生きています。

 

aroma, セルフケア  2013年04月17日    コメントを残す 
12

60秒で体内時計をリセット

sakura-8

 

日差しもすっかり春らしくなり、室内にいると日中はかなりポカポカなことも。その温かさに包まれて日中眠くなってくるこれからの季節。それなのに、夜になると良質な睡眠がとれず、なかなか眠れない、朝起きても疲れが取れない、起きられない、日中だるい、、といった体調を崩しやすい季節でもあります。季節や生活環境、生活リズムの変化は、思っている以上に心身に影響を与えているのです。

良質な睡眠には、体内時計を正しくセットするのも大切。多くの花が朝に開き、夕方にはしぼむように、人間の身体も本来は一定のリズムを持っているのです。本当は、毎日規則正しい生活をするのが一番。わかっていても、なかなかそうはいかないのも現実。でもでも、諦めないで、1日の中で意識的にリズムを整えてみる時間を作ってみましょう。

時計を手元に用意して、一度リラックス。そして、区切りのいいところから、時計をみないで60秒数えてみましょう。秒針がある時計か、携帯電話のストップウオッチ機能を使うと便利。

実際は60秒経っていないなら、普段から実際の時間よりも速いペースで物事を捉えがち。反対に60秒以上経っていれば、普段から時間に追われがち。大切なのは、速く数えることではなくて、時間を正確に捉えること。体が正確に時間を捉えることができれば、体内時計を戻し生活リズムがもどり、からだへの負担も減ってくることでしょう。1日に数回練習すると、だんだん正確に時間を感じられるようになってきます。

もちろん、寝る前には、一日の疲れや過ぎ去ったことをゆっくり吐き出して。朝起きた時には気持ちのよい日差しを浴びながら、からだ一杯に新鮮な空気と新しいエネルギーを取り入れて。呼吸をするということは、生きていることそのもの。不要なものを手放して、必要なものを取り入れていく。どんなに忙しい毎日でも、自分のために、たっぷりとそしてゆっくりと、たくさんの呼吸をしてあげましょう。

上質な睡眠とゆったりとした深い呼吸は、こころとからだの美容と健康にとって、なによりの栄養素です。

 

 

 

 

セルフケア  2013年04月16日    コメントを残す 
12

聴くヨガ〜心とからだをつないで

IMG_1170

 

昨日は、私の大好きな先生が仙台で開催したリストラティブのワークショップに参加してきました。紡ぎだされる優しさと深さのある言葉からは、たとえポーズに入っていなくても、restore/回復に導いてくれる確かなものがあります。私にとって、それは「癒し」であり、「ヨガ」そのもの。呼吸とともに、私の心と体を、私と外の世界をつないでくれるのです。

WSには福島や石巻から参加された方も。東京でもまだ新しく、もちろん東北や仙台ではまだまだ知名度の低い、新しいヨガのひとつであるリストラティブヨガ。ヨガをシェアする、広めることはもちろん大切ですが、自分自身を大切にするということ、深くリラックスするということ、その後にもたらされる安らぎや内側に溢れるパワーを感じること、まさに自分自身で「癒す」ということを少しずつでも知ってほしいと、その願いが強くなってきます。そのために私が今出来ることはなんなのか、、、安らぎと多くの学びの中から、また身が引き締まる思いで帰ってきました。

ともこさん、そしてBreathe for Peaceに協力をしてくださったみなさんとその温かな思い、新しい出会いに、そして繋がっていく大きなエネルギーに、心から感謝の気持ちがあふれています。その感謝の気持ちを、新しいエネルギーとして、一歩ずつ歩んでいきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

リストラティブヨガ  2013年04月15日    コメントを残す 
12