月別アーカイブ: 2017年11月

【WS】月経血コントロールのできるカラダ作り@仙台

image【月経血コントロールとは】
簡単にいうと、生理の血はトイレで流すということ。

もうちょっと、長くすると、
子宮や膣奥をゆるめて、出口である膣口を引き締めておくことで、
体内(子宮や膣奥)に少しの間月経血をためておき、トイレで排泄。

なんだかすごく新しく小難しい「ワザ」のように聞こえるかもしれませんが、
ひと昔前の女性は、普通にできていたことのなのです。
洋服ではなく、着物の時代、今のような下着も、もちろんナプキンもなかった頃には、
「月経血コントロール」なんていう名前もなく、普通のことだったのです。
難しいことではないのです。
ちょっと意識を向けてみるだけで、コツを覚えるだけで、誰でも簡単にできること。

ただ、注意しなければならないことも。
トイレにいくまでに外に出ないように!って、
身体のアチコチを緊張させたり、力を入れたり、締め過ぎたり、、、
これでは、かえってカラダには悪影響。
つまり、やってはイケナイこと。

生活環境や習慣の変化、ストレスなどで、首や肩だけではなく
内臓にも「コリ」があると言われています。
まずは、カラダを緩めて、リラックスさせてあげる。
そして、締めるべきところを、締めておく。

どなたでも、いつからでも、簡単に始めることができます。
コントロールすることは、ただそれだけではなく、
期間を短くしたり、姿勢や体質の改善、尿失禁の解消や予防など、
さまざまな効果も期待できます。

緩めることと、締めること。
毎月の不快な思いでしかないその時期を、より快適に過ごすためにも、
またご自身の体調管理のためにも、カラダ作り始めてみませんか?

【月経血コントロールに期待される効果】
・生理期間の短縮(3日程度)
・生理痛、PMS無月経症などのトラブルの改善、解消
・精神的な安定、体調の改善
・姿勢がよくなり、太りにくい体質、しなやかな身体に
・産後、加齢等による尿漏れの解消、予防
体調や体質などによる個人差はありますが、その他にも多くの効果が期待できます。

【スケジュール】
■日時:随時開催 2時間程度
■会場:仙台市青葉区広瀬町 東北大学病院近
■参加費:お一人3,000円(2名様以上でのお申込の場合/1名様でお申込の場合 4,000円/学生割引あり)
■持ちもの:筆記用具、スポーツタオル、500mlペットボトル、動きやすい格好   
■お申し込み・お問い合わせ
 info@studio-plumeria.com
 お名前、ご連絡先(電話番号)、ご希望の日程をお送りください。

*完全予約制となります。事前にご予約をお願いします
*お申し込み後に場所の詳細、お支払いに関する情報をご案内いたします
*高校生以下は基本的に保護者同伴でのご参加をお願いします
*中学生以下は、保護者のご同伴のない場合にはご参加いただけません
*身体の変化には、個人差があります
*持病等で治療、療養中の方、薬を服用中の方は、専門医にご確認の上ご参加願います
*「info@studio-plumeria.com」から返信いたします。受信ができるように設定願います
*3日以上たってもこちらからの返信が届かない場合には、お手数をおかけいたしますが再度ご連絡くださいませ

セルフケア, ワークショップ, 更年期ヨガ, 月経血コントロール  2013年08月29日    コメントを残す 

〈ふつうこそ、特別なこと〉

031

素敵な本に出会いました。
イタリアの引き出し」イタリア在住の著者が出会った、まさに「普通」の日常の物語。

時間に追われ、先行きが不安になるような情報に心も乱され、自分のためにゆったりと呼吸をすることさえ忘れてしまっている、今の生活。そんなワタシに、立ち止まり、ヒトとその人生とふれあい、まわりに溢れる美しく優しいたくさんの物語に目を向けるよう、思い出させてくれました。

:一生無名でも、それほど金持ちにならなくても、自分の持ち分や好きなことを知り粛々と暮らすことこそ、実は何より粋なことではないか。〈ふつうこそ、特別なこと〉という思いが強くなった。(本文より)

そうだよね、、生きているって素晴らしい。美しい情景も、ちょっとステキな物語も、ふつうの生活の中にも溢れている。それを、とっておきの特別な物語に変えるのは、ワタシの捉え方次第。

イタリアの引き出し (FIGARO BOOKS)
内田洋子
阪急コミュニケーションズ
売り上げランキング: 203,256

著者の前作「ミラノの太陽、シチリアの月」。
こちらも素晴らしい1冊。各都市で触れ合った人々を描いたエッセイ。優しく、美しく、時に哀しいたくさんの人生、手に取るように浮かぶ情景が、行間から溢れています。

ミラノの太陽、シチリアの月
内田 洋子
小学館
売り上げランキング: 83,679
  2013年08月26日    コメントを残す 

【ピラティス@仙台】9月スケジュール

Young Woman Working Out On White

9月のピラティスクラスのスケジュールです。

筋力をつけたり、カラダを整えるとき、大切なことは「動きに意識を向ける」こと。回数、動きや負荷の大きさではないのです。こんなところに「筋肉ある!」と確認しながら、ゆっくり始めてみませんか。

【日時】
火曜クラス:9/10、24 10:30〜11:30

木曜クラス:9/5、19 18:30〜19:30

土曜クラス:9/14、28 10:30〜11:30

【場所】スタジオシルヴァン(仙台市青葉区中央/青葉通りダイエー向かい)

【料金】ドロップイン 1,890円/7回チケット 10,500円(6ヶ月有効、ヨガクラスと共通チケット)

★お問い合わせ、ご予約はこちらから

ピラティス  2013年08月26日    コメントを残す 

お気に入りのブランド、、決めたのは本当にワタシ?

Full Moon over Margarita

この情報社会、消費社会では、同じモノにしても多くのブランドが存在し、ひとつのブランドからもさらにラインが分かれていたりします。マスメディア、ネット、口コミ、、、多くの情報源から、自分自身で判断し購入したと思っていても、それは本当に自分の判断なのかしら?その情報源は、本当に信用できるのかしら?

なぜ、それを買わずにはいられないのか ブランド仕掛け人の告白 著:マーティン・リンストローム

数多くのブランド、時には王室のブランド化さえも手がける著者が、企業が仕掛けてきた罠を、時には具体的な商品名を上げて暴露。企業やメディアが心理学をはじめニンゲンに関する知識やさまざまな個人情報の分析、巧妙なテクニックを総動員し、ブランド化をはかります。消費者はその“与えられる情報”を信じ、洗脳されていることは、すでに知られていますが、いやいや、、、まさかここまでとはびっくり。将来の顧客になる子ども時代、時にはまだ“胎児”の頃から、すでにその洗脳が始まっていることさえあるというのです。

もちろん、時に事実を知れば受け入れがたいモノもありますが、与えられなければ出会うことのないモノもたくさんあるのですから、全てを否定するものではありません。ただ、自分が信じてる、信用できると思ったその情報さえ、操作されているという事実を知り、その上で判断していくことが、必要とされる時代なのだとしみじみ感じます。

いやいや、次はどんなトラップをしかけられるのかしら?「賢くなれ!」と言われても、イチ市民では、とてもかなうものではないわね。。。

見えるものだけが真実じゃないってことですね。。

なぜ、それを買わずにはいられないのか ブランド仕掛け人の告白
マーティン リンストローム
文藝春秋
売り上げランキング: 108,819
  2013年08月09日    コメントを残す