ロマネスコに思うコト

Romanesco

通っている八百屋さんの畑から取れたロマネスコ紫キャベツ

ロマネスコは我が家の食卓に初登場です。それなりのお値段がするので「ブロッコリーでいいですよん」と素通りですが、自分の畑で取れたからとの理由で、なんとブロッコリーさんよりもお安く購入。野菜(の流通)は不思議です。

それはともかく、このロマネスコ紫キャベツ。見た目は全然違うし、きっと味も全然違うし、栄養価も違う、全くの別モノ。でも、同じく「アブラナ科アブラナ属」なんですね〜。まぁ、葉っぱなのか、花蕾なのかの違いはありますが。

ニンゲンも同じですね。生命体の中での“ニンゲン”。その中での“○○人”。同じ人種でも住む地域によってまた違う。一番近い、血縁関係のある家族でさえ、外見性格価値観も違うしね。

違うけど、同じなんだなぁ。。。って、ロマネスコ紫キャベツを見ながら思ってみたりしていました。

さて、どうやって食べるのが一番美味しいかなぁ。。。 楽しみ楽しみ

心の疲労回復処方箋 〜5分目を閉じていられますか

breath

季節や環境の変化などでこの時期は忙しかったり、心もざわざわしていたり、なんだか落ち着かなかったり、不安だけが先走ったり、イライラしたり、、、

ジブンの手脚や頭を使うことで解決できることであれば、たくさん使って解決策を探して対応してみましょう。

でも、多くの場合、ジブン一人だけ頑張っても、考えても、動いても、解決しないわけで。。それなのに、解決できないことへ、解決できないジブンへ、ますますイライラや不安が募ったり、バタバタしたり、グッテリしたり、、、そんなジブンがまたイヤで、ますますイライラばたばたグッテリ・・・

“悪魔のスパイラル”って、勝手に呼んでいます。

ストレスコーピングとか、ストレスに打ち勝つとか、セルフマネジメントとか、、世の中にはいろんな方法が溢れています。できたらいいけど、わかってはいるけど、できないこと。できないジブンに、またイライラばたばたグッテリ・・・ 悪魔のスパイラル。

そんな時、プチ不調な時、気分が乗らない時にぜひ試してみてほしいこと。

5分間自分自身のために、すべてを止めて呼吸ができますか?

食事の時間にも、歯磨きの時間にも満たないようなたった5分でさえ、おそろしく長く感じたり、時には苦痛さえ感じることがあるかも。でも、その5分をジブンにプレゼントすることで、心が落ち着いて元気になったり、集中力が上がったり、生産性があがったりするはず。

5分間が難しかったら、、時間で計るのをやめましょう。代わりにゆったりとした呼吸を10回。

一度深く吐いて、、、吐ききって、スタート
自然に吸いたくなります。無理をしないで、気持ちよく吸って、、、ゆ〜っくり吐いて吐いて吐ききる。これで1回。
また吸いたくなったら、気持ちよく吸って、吐ききる。

吐き出す息、吸い入れる息に、集中していくと、アタマのなかを駆け巡るさまざまなコトも少しの間お休みに。この呼吸がどんな効果があるかとか、何秒吸って何秒かけて吐くとか、おなかが動くのか、、、そんなこと気にしなくても大丈夫。ただ、吐く息、吸い入れる息。

よく言われますが「息」は自分の心です。心と息はつながっている。だから、まず、‘呼吸’を‘息’を整える。‘呼吸’が整う環境を自分で作る。生きることは‘息’ること。

*たくさん吸うのが苦しかったら、たくさん吸わなければいいのですよん
吐ききってから、自然にキモチよく入ってくる量で十分じゃない?

*息を吸う時、お腹が膨らまなくても、へこんじゃっても大丈夫。
お腹を気にして呼吸が難しくなるくらいなら、おなかのことはまず忘れちゃってもいいんじゃない?

上手にできているのか、正しいのか、どんな効果があるのか。。それよりも、“キモチよく呼吸ができているのか”こっちの方がずっと大切だと思うけど。。。

ネックピローの便利な使い方4 〜足首だってラクチンでいいのです

neck4
ジブンの脚がアップで写っているのを載せるのは、ちょっとキモチが悪いのですが、、、小さいサイズだとご覧になる端末によって画像が荒れるらしいので、大きいままで失礼します。。

さて、おやすみのポーズなど膝を折って前傾するポーズでは、関節の柔軟性などにより苦しい・痛い思いをされる方もいらっしゃいます。あとは、足首が伸びずにクツを履いている時のように、曲がってしまう方も。

そんな時には、ネックピローを足首の下に入れてみます。想像以上にラクチンでちょっと笑っちゃいます。ネックピローがない場合には、フェイスタオルなどをくるくる丸めて代用してもいいですね。

*膝に違和感を感じる場合、お尻がかかとの上まで下がらない場合には、お尻とかかとの間に座布団やクッションを入れると楽ですよん。

ポーズをとっている時の身体の違和感や痛みは、関節や筋肉の柔軟性からくることもあれば、関節の使い方を間違っていることもあります。そもそもヨガは勝つことを目指す競技ではない(スポーツのようなヨガもありますが、、)わけですから、その痛みや違和感がどこから来るのか、どう感じているのか、伸びて痛気持ちいいのか、痛いのか、、、などなどカラダから発せられる声に耳をよく傾けてみることが大事です。テキストや先生と同じ形が、ジブンにとって正しいポーズとは限らないのです。

ラクチンなコトばかりしていたら心身が整わない!効果が薄い! などなど、やり方考え方によっては必ずしもいいとは限りません。でもリストラティブヨガでポーズを長くホールドしている時、腰痛生理痛の緩和のためにお休みのポーズをとりたい時、あるいはただひと休みしたい時には、痛くないラクチンなポーズでいいと思いますよ。

カラダがラクチンな時は、きっとココロも優しくなっている。まぁるい気分になって、ゆったり呼吸できたら、それはそれで素晴らしいコトじゃないですか? “ふぅ〜” ”はぁ〜”って、たっぷりの呼吸とともに、どうぞお試しくださいませ。

******************
くつろぎアイテムの簡単便利な使い方
【ボルスター】
仰向けって楽じゃない! いえいえ、らくちん&快適ですよん♥
腰を伸ばして気分を上げる 気分がいい、キモチがいいって、素晴らしい
胸を開いてプチうつ撃退 キモチよく開けることがポイント!

【ネックピロー】
“あご”はどこを向く? 実はここが一番大事ポイント
腕・肩がらくちんになる使い方 このくつろぎ感ははまります!
開脚前屈だってらくちん 一度使ったらもう手放せない!

【アイピロー】
休むのは眼だけではありません 心や頭を鎮めたい時にだって便利!

くつろぎアイテム、詳しくはこちらから