陰ヨガとリストラティブヨガ

20140731

昨日は久々に「陰ヨガ」のクラスに参加。「痛みも受け入れて、、」「自分の内面と向きあう、、」などキツいイメージもありますが、ヒマワリみたいなゆうこ先生(Sakuranana-Yoga)の陰ヨガはゆるっとしていて、いやぁいい時間でした。

陰ヨガも、リストラティブヨガも、まだまだ参加できるクラスの少ない仙台ですが、、、最近その違いについて、どちらがいいのか、、、といった質問をいただく機会が増えてきました。

ヨガサイトで調べてみました。
陰ヨガ:
筋肉を緩めながら、体の奥にある骨や関節をつなぐ結合組織に意識を向け、気の通り道である経絡を刺激する。アラインメントは気にせず、自分が気持ちいいと思うところで静止して保持する。
(引用:yogaJOURNAL)

リストラティブヨガ:
ポーズを行う際には、ブランケットやアイピロー、ボルスターなどを使い、ブロップスに身をゆだねて完全なリラックス状態をつくる。ひとつのポーズで10〜20分ほど休息することで神経系を鎮め、深いリラクセーションを得ることができる。
(引用:yogaJOURNAL

ふむふむ、確かにこれではピンとはこないかも。

ワタクシ的理解だと、
陰ヨガは(主に)股関節や背骨まわりのゆったりと深いストレッチ。ほんと、キモチがいいほどよく伸びます。で、結果カラダがフワッフワ♬

リストラティブヨガは、まずカラダを楽な状態にして、こころを楽にする。ストレッチも伴いますが、メインの目的ではありません。心地よい状態な“今この瞬間”を感じる、そんな“瞬間”を自らもたらすことができることを知る、そんなヨガ。ココロがまんまるになります。

それぞれのポーズを数分単位でホールドしたり、リラックスした状態で行う、という大きな共通点があります。ストレッチ、あるいは休むことで気の巡り、体液の巡りをよくし、経絡(エネルギーの通り道)を刺激し、内臓にも働きかけたり、、まぁ、これは‘ヨガ’に共通することだけど。

どんなヨガが今のジブンにあうのか。やってみるしかないのです。やってみて、カラダとココロで感じてみてください。合わなかったら、続けなければいいのですから。美味しそうな食べ物と一緒♬ 結局はジブンで食べないとわからないものです。

*どんなヨガクラスでも、いきなり「アドバンス」的クラスに参加しない限り大抵大丈夫
*陰ヨガの場合、チカラの抜き方やストレッチ加減を教わらないまま放置状態になると、リラックスどころか‘戦い’や‘罰ゲーム’、時には‘拷問’のような時間になってしまうこともあるかも。。始める前に先生にアドバイスをもらうのがおすすめ!

ビーズクッションとリストラティブヨガ

201407252
先日もリストラティブヨガ・インストラクターとの勉強会という名の‘ヘンタイ’の集いがありました。別な師から学び、それぞれの環境で深めている仲間たちとの会話からは、指導者養成講座では学びきれない“ナマ”の声があります。出会い、集まる機会に恵まれたこと、幸せだなぁ、、って思うこのごろです。

さて、こちらのホントどうしようもないほどダラッとしているヒト。ボルスターを使わずにリストラティブヨガのポーズに入り込んでいます。お腹の下にあるのは、我が家愛用のビーズクッション。ヨガ用ではなく、普通のビーズクッションです。
20140725
腰のユルいストレッチ感とお尻から腿裏の脱力感、足の開放感はお気に入り。ボルスターだと多少はカラダの凹凸になじみますが、ビーズクッションだとjust fit♬ 4月に腰を痛めた時には、ボルスターを使うことさえ困難。腰が痛いので、横になったり起きたり微調整がキツいんですよね〜。というよりも、できないんですよね、痛いし、小さな動作さえ時間がかかるし。。なので、ビーズクッションが大活躍。慎重に、探るように、緩やかに、呼吸とともに、、2〜3ポーズ。時間をかけてポーズに入り、時間をかけて出てきたものでした。

*おでこの下はヨガブロック。頭が下がりすぎると苦しいので、ブロックや本などで高さを調整するのも大事です。
*足首の下には、今回は小さめの円柱型のボルスター。普段はハーフボルスターを使用しています

カラダのポジションと呼吸で痛みから解放される瞬間がある。カラダが楽になる。また痛みは戻るけど、ジブンで楽にする方法がココにある。それを知っているジブンがいる。

コトバではなく、頭ではなく、ハートのふか〜いところで感じたこと。
今、どこかバランスを崩したり、苦しい方に、一番伝えたいこと、知ってほしいこと。

****************
【ヨガプロップの簡単な便利な使い方】
くつろぎアイテム〜ボルスター、ネックピロー、アイピローの使い方をご紹介しています

再び“命の塩”のトリコになる

201407242
仲良くしていただいているヨガの先生からおしえていただいた「ぬちまーす」。太陽アレルギーによる肌荒れがすごく良くなったとのこと。

少し頂いて手を洗ってみました。パウダーのようにさらっさら。お水を加えるとすぐに手がポカポカ。ペロっと指先をなめてみると、塩っぱいけど、やっぱり甘い。美味しいお塩って、甘いんですよね〜。洗い上がりは、かなりしっとり&すべすべ。我が家愛用の粗塩もいいものですが、肌に対する柔らかさは全く別もの。同じ塩とは思えない!あれはアレ。これはコレ。宇宙から、地球からの溢れるほどのエネルギーと数多の生命を受けとめる美しい沖縄の海からの恵み。“海水からできる命の塩” 「ぬちまーす」にfall in love againです♬

ぬちまーす」との出会いは随分前。沖縄に行った時には、基礎化粧品やお菓子など幅広い商品展開に驚いた記憶があります。その後、使い切って忘れていたんですね〜。そんなものです。。

さらに、ヒトの記憶(特にワタシ)とはいい加減なもので、「ぬちまーす」って、「常温瞬間空中結晶製塩法」という特許製法なのですが、ワタシの脳内では「沖縄の塩」と随分簡略化されておりました。。。詳しくはこちら塩の詳細から

というわけで、さっそく我が家用に用意いたしました! 通販って便利〜♬
サイズ含めいろいろありましたが、我が家はオトナ買い。。@870で送料無料、お得です! 手洗いうがいはもちろん、洗顔、お料理にも。。

もちろんバラ売りあります

ぬちまーす 250g
ぬちまーす 250g

posted with amazlet at 14.07.24
ぬちまーす
売り上げランキング: 2,575

そして、いろいろあります

ありがとう。自然の恵みにも、ヒトとの繋がりにも、繋がりから生まれる広がりにも。