リストラティブヨガで旅先でも休足more

image

時間的にも、服装的にも(これ結構大事。。)余裕があるときには、休足more。
ここまでできると、脚全体が本気でスッキリしてきます。そうね、できれば最低10分。余裕があればもう少し。

 

こんな感じです↓
imageimageimage

壁にぼ〜んって、脚を上げちゃいます。爪先、足裏、かかと、ふくらはぎ、、、溜まった疲れが、じんわり真ん中に戻ってきて、「はぁ〜〜」ってゆったり呼吸をするたびに回復しますよん。

 

腰が沈むような感じがする場合にが、お尻から腰の下にクッションやたたんだバスタオルをいれてみるといいですね。頭の下には、ふんわりとした枕。顎が自然と胸を向くように、高さやポジションを調整するのが大事です。ここは横着しないこと。

 

脚や体に冷えを感じる場合は、靴下を履いたり、脚やお腹にタオルやブランケットをかけたり、1枚羽織ったり。
お尻や脚が壁から離れていると、膝に負担を感じることも。その時には、壁と脚の間にクッションや丸めたブランケットをいれてあげると、すごく楽になります。

 

くつろぐ自分への優しさが、より快適で柔らかな時間をもたらしてくれるはず。
手を抜かないで、自分のために、どんどん自分にかまってあげよう。過保護になろう。

旅先でも!休息にはリストラティブヨガがおすすめ

image

旅行に限らず、長距離や長時間の移動、立ち疲れ、歩き疲れ、脚のむくみ、、、なんやかんやとアシが疲れることが多いのですが、そんなときにおすすめ。

ホテルには、パンパンのクッションがあることが多いのですが、実はアレ、結構便利だったりします。
「あ〜 アシが疲れた ひとやすみ〜」
こんなときにいいのです。本当は、マッサージをしたり、お風呂にはいったりすればいいのでしょうが。。 短時間でかなりの回復です。

コレコレ↓ 美しい画ではないので、控え目に。
image

膝の下にパンパンのクッションをいれて、ゴロンとするだけ。脚はラクチンだし、腰&お腹まわりも緩むので、短時間でスッキリしますよん。

くつろぐための大事ポイント

  • 背中〜お尻はしっかり床(布団やベッド)に安定させましょう
  • かかとも下ろします。浮くようであれば、クッションの位置を変えてみる。それでも浮くのであれば、クッションが体に対して大きすぎるのかも。ブランケットやタオルでも代用できます。
  • 「ひとやすみする」って覚悟を決めて、5〜15分ただ静かにゴロンとする

忙しいとき、旅行などで環境が変わるとき、休むまもなくアレコレ詰め込みたくなります。でも、そんなときほど5分でも10分でも、ちゃんと上手に休むことが大事だったりします。たったそれだけでスッキリするのだから、意を決してゴロンとする価値が十分にあるのだと思うのです。

ポーズに入ることだけではなく、自分のために休むと覚悟を決めて休むこと。休むことで、カラダもココロも疲労回復すること。それが、リストラティブヨガの一番大切なことです。

タナカパウダー 再入荷

image

“お持ち帰りチェンマイ″アイテムの中で静かなブームのあった“タナカパウダー″。

諸事情により、、、30gの瓶入りを再入荷します。11月上旬着予定。数量限定入荷ですので、ご入用の方はメールかクラスの際にご連絡くださいませ〜。

ミャンマーの伝統的な美肌ハーブなわけですが、ワタクシのまわりでも、フェイスパック(すごくオススメ!)やら、日焼け止めやら、フェイスパウダー(こちらもオススメ!)やら、ちょっとしたコジャレプレゼントやら、、、なんやらかんやらご愛用いただきまして。予想以上に、静かながらも熱い賑わいがございました。そんな賑わいが、ふとしたきっかけで再加熱いたしまして、、、瓶入りサイズのみの再入荷する運びとなりました。

個人的にも、気に入ってず〜っと使っています。ご興味のある方もぜひ!

タナカパウダー:詳しくはこちらから