月別アーカイブ: 2017年11月

リストラティブヨガの教科書

おうちでできるリストラティブヨガ、、ということで、ヨガ雑誌などで取り上げられることが多くなってきましたが、オススメはやっぱり考案者であるジュディス・ラサターによって書かれたもの。

翻訳本がなかったのですが、今年7月になんと出版されていたようです。知りませんでした。。。

プロップスをしっかり使った、リストラティブヨガの基本がわかります。なんだかんだいっても、基本は大切。そして、無理のない姿勢を作ること。そこから導かれる深い呼吸があって初めて、完全なリラクゼーションを目指すことができるのだと思います。

雑誌などの特集には、体の硬い方や、不慣れな方には、難しい(時にケガをしやすい)ポーズが含まれていたり、説明が不十分なものもあります。カタチだけを追うのではなく、自分自身が深く癒されるために必要な情報を、まず受け取ってください。リストラティブヨガの説明と、症状ごとに章立てされているはずです。1冊きっちり読まなくても大丈夫ですよん。

*翻訳されたものはこちら

*英語版 難解な表現がされていないので、読みやすいです

yoga props, ボルスターの使い方, マタニティとリストラティブヨガ, リストラティブヨガ, 子育て中こそリストラティブヨガ, 心の疲労回復処方箋, 更年期ヨガ, , 産後のリストラティブヨガ  2017年11月11日    コメントを残す 

【ヨガプロップの簡単な便利な使い方】

【ボルスター】
仰向けって楽じゃない! いえいえ、らくちん&快適ですよん♥
腰を伸ばして気分を上げる 気分がいい、キモチがいいって、素晴らしい
胸を開いてプチうつ撃退 キモチよく開けることがポイント!
お休みポーズ、くつろいでますか? ひと手間ふた手間かけて、快適度数をあげましょう♥
おなか柔らかく はぁ〜♬ ふぅ〜♬ ココロとカラダの疲労回復に♬
腰ゆるぐぅたらポーズ 腰が楽ってありがたい
脚をあげよう お行儀が悪くても、見た目が悪くても、、これはおすすめ 

【ネックピロー】
“あご”はどこを向く? 実はここが一番大事ポイント
腕・肩がらくちんになる使い方 このくつろぎ感ははまります!
開脚前屈だってらくちん 一度使ったらもう手放せない!
足首だってらくちんに もう正座のポーズも怖くない!
ネックピローはいわゆる“枕”にはなりません 優しいひと手間で解決♬
手首が楽だと、首肩らくち〜ん パソコン作業もだいぶ楽になりますよん
移動のトモダチ 車にいつも積んでおきたい…
腰を緩めるネックピロー これが結構気持ちがイイ
お昼寝ネックピロー 額も手首も首のポジションも大事ポイント♬

【アイピロー】
休むのは眼だけではありません 心や頭を鎮めたい時にだって便利!
握る幸せ 受け取る‘手’つなぐ‘手’ 指先からくつろぎを 
解放と鎮静と

【おうちにあるもので代用を!】
ボルスターの代わりに 〜ブランケット編
ボルスターの代わりに 〜ヨガマット編
ブランケットを考える 〜実家の押し入れがタカラの山だったりするのです
ネックピローの代わりに 〜フェイスタオル編
ボルスターの代わりに 〜ビーズクッション これはかなりの便利アイテム♬

【旅行のお友達〜リストラティブヨガ】
その1 ひとまず休足:膝下クッションの基本
その2 休足more:お行儀は悪いけど、脚の疲れもムクミもすっきり
その3 全身脱力:幸せは脱力の先に
その4 腰のびのび:気分爽快&エネルギー補充

【イスを使ったヨガ】
イスを使ったヨガの大事ポイント
まずはやっぱり呼吸から 呼吸って、自分ってオモシロイ
腕ってどこから? 腕を動かすってオモシロイ

【ハーバルボールの使い方】
ハーバルボールの使い方
ハーバルボールでご機嫌に
ハーバルボールで発汗、発汗、発汗
おなかポカポカ&ギュルギュル マッサージ
ハーバルボールの再利用
冷えからくるお腹の痛みに

【studio PLUMERIAオリジナルボルスター・アイピロー・ネックピロー】
studio PLUMERIAオンラインショップこちらから

*プライベートレッスン、ワークショップはお問合せフォームからどうぞ

aroma, breathing, original, yoga props, アイピローの使い方, セルフケア, ネックピローの使い方, ボルスターの使い方, リストラティブヨガ, 手作りボルスター  2017年11月10日    コメントを残す 

【おうちでできるリストラティブヨガ】

【リストラティブヨガ】
リストラティブヨガの教科書
リストラティブヨガの呼吸
リストラティブヨガと明るさ
リストラティブヨガと温かさ
慢性の腰痛・肩こり・頭痛に
疲れないよりも疲れを残さない

【快適さを安定感をもたらすヨガプロップス(補助具)】
使い方はこちらから
ヨガプロップスの簡単便利な使い方

【studio PLUMERIAオリジナルボルスター・アイピロー・ネックピロー】
studio PLUMERIAオンラインショップこちらから

*プライベートレッスン、ワークショップはお問合せフォームからどうぞ

breathing, original, yoga props, アイピローの使い方, カラダをゆるめるコツ, シニアヨガ, セルフケア, ネックピローの使い方, ボルスターの使い方, マタニティとリストラティブヨガ, リストラティブヨガ, 子育て中こそリストラティブヨガ, 心の疲労回復処方箋, 手作りボルスター, 産後のリストラティブヨガ  2017年11月10日    コメントを残す 

マタニティヨガを始める前に

IMG_0183
病院で言われたから、、と思いつめたような表情でマタニティヨガに参加される方もいます。
あちらもこちらも動かさなければならないと思っているのか、ゆったりとポーズを取り呼吸することに、物足りなさなのか、不満なのか、不安なのか、、感じられる方もいます。
ヨガが終わってからも、ご自身のカラダの変化よりも、続けた方がいいのかどうかばかり気にされる方もいます。

楽しみに参加される方もいます。
終わってから、スッキリした、気持ちがいい、と、まんまるな笑顔でお帰りになる方もいます。

マタニティヨガはすっかり定着し、病院でも勧められたり、参加できる機会も増えたり、あるいはご自宅でもできるようにと本やDVDもたくさん出版されていたり、インターネットでも情報が溢れていたり。。

でも、だからと言って、疲れたカラダで無理に参加しなければならないものではありません。
気が乗らない、カラダがついていかないのであれば、参加するよりも休むことを選ぶ勇気も必要です。小さな命を育み、自らの身体にも変化が続く、かけがえのない時期、ご自身にとって本当に大切なことは何でしょうか。

マタニティヨガに参加する、その場に行くための移動や出かけるために用意をする、
そのすべての時間とエネルギーの代わりに、
ほんの5分や10分でいいので、毎日ゆっくり呼吸をする時間を作ってみてください。

吐く息は優しく、ゆっくりと。口元を緩めて、「はぁ〜」とか「ふぅ〜」とか声も出しながら。

次に吸い入れる息は、体内に宿る新しい命に届けるように、柔らかく、優しく。

そして、内にある不要なものを手放すように、優しくゆっくりと、口元も緩めて、息を吐く。

ただ、それだけでいいので、自分自身と赤ちゃんのためにだけ、呼吸をしてみてください。

ゆっくり呼吸をして、ひと息ついて、、
もう少しカラダを動かしてみたくなったら、その時は是非、ヨガのクラスにも参加してみてください。
もう少し休みたいと感じたなら、その時はマタニティリストラティブヨガを取り入れてみてください。

*お問合せはこちらのフォームから

カラダをゆるめるコツ, マタニティとリストラティブヨガ, 産後のリストラティブヨガ  2017年11月07日    コメントを残す 

リストラティブヨガを始める前に

IMG_0182

リストラティブヨガは、知識や情報や理屈で埋め尽くしながら始めるものではありません。

有名な先生がこう言ったから、、とか
◯◯を使わないといけない、、とか
ポーズはこうしないといけない、、とか

そういうカタチやルールから、
慌ただしい日常のから、
日々の生活のストレスから、
すべてを一度切り離し、ただ休み、息をする。
そのことだけをする自分を許すこと。

そこから始まるのだと思います。

*お問合せはこちらのフォームから

カラダをゆるめるコツ, セルフケア, マタニティとリストラティブヨガ, リストラティブヨガ, 子育て中こそリストラティブヨガ, 更年期ヨガ, 産後のリストラティブヨガ  2017年11月06日    コメントを残す 

青空とヨガとわたしと

IMG_0169久々によく晴れた秋空の下、ふらりと来客。友達であり、ヨガ仲間のひとり。
時間をかけ話し込んだわけではないのだけど、妙にスッキリしてみたり。

今のヨガの“トレンド”について行けず、ついて行く気もなく、まるで籠居のような生活の中で、波長が合う方々にじんわりとヨガを伝えているこの頃。それでいいのだと納得しているのだけど、時にモヤモヤしてみたり。。。

そんなコトを、少しのコトバから読み取って、わかってくれる。ありがたい。

先月くらいからだろうか、彼女には、きっと、近々、、会うような気がしていた。会うというよりも、出会うのではないかと。会いに行かないわたしを察してか、会いにきてくれたのだと思う。ありがとう。

ジブンの内なる声に耳を傾けなおし、
ヨガの師の教えを思い起こす。

きっとそんなコトを繰り返しながら、わたしのペースで、わたしのヨガを続けていくのだと思う。マットの上でも、もちろん、マットに外でも。日常のヒトコマとして、穏やかにわたしらしく生きるためのツールのひとつとして。吸い込まれそうなほど青くて広い空の下で。

ヒトリゴト  2017年11月05日    コメントを残す