月別アーカイブ: 2018年8月

イライラモヤモヤドタバタお疲れさんに

1E8A5B59-8FE2-48F3-8DDC-DF8437815961
よくわからないけど、なぜか時間がないって思う時に、、
断りたいけど、断れない時に、、
イライラやモヤモヤやドタバタが続く時に、、
いい人でいることに、いい人と思われたいと思う自分に疲れた時に、、

自分にとって大切なものを見失いかけた時に、、

「ここに解決法がきっとある!」なんて期待しないで、かる〜いキモチで読んでみてください。
1〜2時間もあれば読み終わります。

「だよね、、、」って思ったら、
あるいは「そうは言ってもね、、」って思っちゃても、

一旦すべてを投げ出して、大の字になってゴロン。
ふか〜くなが〜くやさしく深呼吸。
何にもしないで、何にも考えないで、ただただ呼吸だけをしてみよう♪

リストを作るのは起きてからでも十分です。
もちろん、リストを作らずともすっきりすれば、それもヨシ♪

もうちょっと、自分に手間をかけてあげられるなら、そんな時にもリストラティブヨガはおすすめです。
おうちでできるリストラティブヨガこちらですこしずつご紹介中

break time, お役立ちプチネタ, リストラティブヨガ,   2018年01月27日    コメントを残す 

安全安心って、よく言うけど、、

05ED4FBF-500A-4760-9558-C09FD60F0274
できれば無農薬がいい。化学肥料も使わないで済むならそれがいい。
有機栽培も、無肥料栽培も、自然農法も個人的にはすごく応援している。自ら育てるものは、「運が良く強い子が生き残る」というある意味更に劣悪な環境で育てていたりもする(これに関しては、ややこしい説明が必要になるので、詳細は省略)。

でも、農薬や化学肥料を否定はしない。そういう技術やカガクの発展があったからこそ、すくすく成長し、今がある。それに、現在流通しているものは、基本的に「生涯食べても大丈夫」な質も量もクリアしているはずだから、、といっても、時々思わぬところで大問題が発生するけど。

それよりも、、もっと気になるのが、”そもそも“その野菜って大丈夫?”というところ。

このテの本は、ずいぶん前から広く浅く、、、読んでいたのだけれど、ふとしたキッカケで少し前に出版されていた本を読む機会をいただきました。ココロがちょっと苦しいです。

「安全安心」ってよく言われるけど、それってなんなんだろう。
今を生きる私たちができることって、なんだろう。。

そんなことを思いながら、相変わらずバクバクとご飯をいただく毎日に、無力さを感じつつも感謝しています。

food, ヒトリゴト,   2018年01月24日    コメントを残す 

冬季休業のお知らせ

E091F998-2829-4140-AD17-D58FC2492597
この地に移ってから2度目の冬。罰ゲーム的な積雪は何度かありましたが、、、それにしても潔く気持ちよく美しく積もりました。。。積雪の朝には、普段は見えない(気づかない)動物の足跡があり、どこから出てきて、どの辺りをウロウロして、どこに抜けていくのか、、など観察するのが、唯一の楽しみというか慰みなわけですが、さすがに今朝は誰も遊びにきてくれません。むしろ、“侵入禁止”のようになっています。

24FB0293-FE6A-49F0-9996-A8529D6F411A
不要不急の外出を控えて、、、どころか、緊急時にも避難できないだめっぷり。

自力でやるしかないので、意を決して雪かきに勤しむわけですが、、この作業に費やす時間や肉体的エネルギーや、極寒の中での生活に要する肉体的精神的物理的エネルギーや労力には、考えさせられることが多すぎます。「好んで移住したのに、、」とか、「みんなそうやって生活している」とか、「仕事とは、、、」とか、あ〜だとかこ〜だとか、どういったツッコミが入るかまぁまぁ想像もつきます。

そうはいっても、やはり、私たち二人にとっても、地球環境にとっても、無駄で非効率的で非生産的であることは確かであり、そうであれば、むしろ、厳冬期間はこの地を離れ暖かいところで仕事をし、、、という生き方を模索することになり、その環境を整えるために何度か現地に足を運んだり、、、、ということで、、、

2月は不在となりますので、新規ご予約やワークショップ開催は3月以降で承ります。
電話は繋がりませんが、メールは繋がります。ご連絡は、お問合せフォーム、もしくはメールにてお願いいたします。

お知らせ, ヒトリゴト  2018年01月23日    コメントを残す 

ヨガには期待しないくらいでちょうどいい

8517DB6A-A949-42E4-A3E8-B9A0B94C90AEいつのまにか、ヨガは随分と“万能なもの”になったようです。。。

ナニカの数値が上がったり、下がったり、増えたり、減ったり、、、
時には大きな願いが叶ったり、授かったり、、、
ケガはもちろん、大きな病気まで治ってしまうそうです。

「医療行為ではない」と言いながら、ご自身のクラスに参加された方に、上記のような効果が現れたことを公表しブログなどにあげ、○○ヨガをしたから、、、というインストラクターの方々も。

ヨガの効果は「エビデンス」として認められ、研究がすすんでいるのは確かです。でも、それさえも、万人に同じ効果が出るわけではありません。莫大な費用をかけ研究されている、「医療」でさえ万能ではないのですから、当然といえば当然のこと。

ですから、ヨガには多くを期待しない、依存しないくらいでちょうどいいのだと思うのです。
そもそもヨガは医療行為でもないし、なにかを治す特効薬でもなければ、なにかを授ける魔法でもありません。私はそう教わってきたし、そうなのだと思っているし、そうお伝えしています。

スッキリした。キモチがよかった。
カラダが軽くなった。
なにか滞っていたものが流れたみたい。
トゲトゲしたものがとれて、家族にも優しくできそう。
穏やかで、まぁるいキモチになった。

ヨガを通して、自分自身のキモチやカラダの変化に気がついてみる。
なんか良さそうだったら、続けてみる。
続けてみたら、気がついたら、なんだか体調が良いいみたい。気分がいいみたい。

そのくらいでいいと思うのです。

あの人は○○なのに、私は、、、、とか、
できないとか、治らないとか、叶わないとか、授からないとか、、、
ヨガに期待さえしなければ、そんな挫折感や、焦燥感、絶望感、、、不必要なココロの痛みを感じる必要がなくなります。

ヨガは万能薬でも、特効薬でもなく、ただの「ヨガ」でしかないのです。

そのただの「ヨガ」を続けることで、ココロやカラダに変化が現れたのであれば、ヨガはそのお手伝いをしただけ。直接の変化を与えたのはご自身だということを、、、地味に伝えていきたいと思うこの頃。

ヒトリゴト  2018年01月22日    コメントを残す