ボルスターの使い方 〜腰を伸ばして気分を上げる

bol halfmoon

疲れた時に“ぐい〜ん”と伸びたくなるのは、正解です。まぁるくなって、小さくなって、凝り固まった背中や腰を伸ばしつつ、胸も開いて、腕も伸ばしたら、、キモチがいいのです。

でも、“ぐい〜ん”とキモチよく伸びても、座ったまま、あるいは立ったままでは、なかなかのんびりくつろげないのも事実です。そんな時にこそ、ボルスターを使ってみてください。カラダをど〜んと乗せてチカラを抜ききって、ひとやすみ、ひとやすみ。自分にとって、カラダにとって、らくちんな姿勢は、ココロの疲労回復にも役立ちます。だって、キモチがいいんですもの。カラダが気持ちいいと思うときは、ココロも苦しくないのですから。

【おすすめの使い方】
back stretch
腰の下のある半円のものは、“手作りボルスターキット〜half moon〜”にカバーを掛けたもの。角形のボルスターでは味わえない、半円ならではの心地よさがあります。(ちょっと宣伝)そうはいっても、腰が反りすぎてしまう時やお腹が引っ張られるような感覚がある時には、もうひとワザ追加してみてください。

【極楽度を上げるひとワザ】
★ボルスターのお尻側と肩側にチラっと見えるのは、“くつろぎネックピロー”。床・腰・ボルスターの隙間を埋めてあげます。それだけで快適さもぐんとUP! ネックピローがない場合には、フェイスタオルを丸めて使ってみるのも◎ 

★ボルスターに4つ折程度に畳んだバスタオルを掛けてみるもの◎ 畳み方、厚さや巻き方でフィット感、くつろぎ感がだいぶ変わります

★腰に違和感を感じる時には、膝を曲げてみましょう ラクチン度数があがります
 膝の下にも、ボルスターやブランケット、丸めたヨガマットなんかが入ると、さらにラクチンです
 詳しくはこちらから 「仰向けって楽じゃない!」

★腕の位置を変えてみましょう
 基本は横に“ぼ〜ん”で◎ その腕を、カラダの近くに下ろしてみたり、真横に伸ばして肘を曲げてみたり、頭の方に伸ばしてみたり、、、いろいろ試してみましょう。‘今のジブン’にとって心地よいところがいいポジション。昨日と同じところが心地よいとは限らない、、つまり、‘唯一正解’のポジションはないということ。カラダの声を聞く練習です。

自分の身体と自分自身の声を聴くこと。苦しいのか、痛いのか、痛キモチいいのか、ラクチンなのか、、、
それは自分自身を信頼することであり、尊敬し、尊重すること。ジブン自身を大切にすることは、他の人を大切にし尊敬するための第一歩。そして、ジブンの大切な人たちへの最高のプレゼントです。ワタシがご機嫌で幸せでニコニコしていること、それは大切なヒトにも幸せをもたらします。

自分自身が安らぎ休むことで、癒され、本来のバランスを取り戻すお手伝いをするのが“リストラティブヨガ”。たくさんの専用の用具(プロップ)、時には代用品を使うのは、自分自身をより楽に快適である状態を保つため。中途半端な妥協はせずに、ジブン自身の快適さを追求することをおすすめします。

************
ポチポチ更新していますが、、、くつろぎアイテムの簡単便利な使い方はこちらから
【ボルスター】
仰向けって楽じゃない! いえいえ、らくちん&快適ですよん♥

【ネックピロー】
“あご”はどこを向く? 実はここが一番大事ポイント
腕・肩がらくちんになる使い方 このくつろぎ感ははまります!
開脚前屈だってらくちん 一度使ったらもう手放せない!

【アイピロー】
休むのは眼だけではありません 心や頭を鎮めたい時にだって便利!

くつろぎアイテム、詳しくはこちらから

breathing, favorites, original, yoga props, セルフケア, ネックピローの使い方, ボルスターの使い方, リストラティブヨガ, 心の疲労回復処方箋, 手作りボルスター  2014年02月19日 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>