ネックピローの便利な使い方4 〜足首だってラクチンでいいのです

neck4
ジブンの脚がアップで写っているのを載せるのは、ちょっとキモチが悪いのですが、、、小さいサイズだとご覧になる端末によって画像が荒れるらしいので、大きいままで失礼します。。

さて、おやすみのポーズなど膝を折って前傾するポーズでは、関節の柔軟性などにより苦しい・痛い思いをされる方もいらっしゃいます。あとは、足首が伸びずにクツを履いている時のように、曲がってしまう方も。

そんな時には、ネックピローを足首の下に入れてみます。想像以上にラクチンでちょっと笑っちゃいます。ネックピローがない場合には、フェイスタオルなどをくるくる丸めて代用してもいいですね。

*膝に違和感を感じる場合、お尻がかかとの上まで下がらない場合には、お尻とかかとの間に座布団やクッションを入れると楽ですよん。

ポーズをとっている時の身体の違和感や痛みは、関節や筋肉の柔軟性からくることもあれば、関節の使い方を間違っていることもあります。そもそもヨガは勝つことを目指す競技ではない(スポーツのようなヨガもありますが、、)わけですから、その痛みや違和感がどこから来るのか、どう感じているのか、伸びて痛気持ちいいのか、痛いのか、、、などなどカラダから発せられる声に耳をよく傾けてみることが大事です。テキストや先生と同じ形が、ジブンにとって正しいポーズとは限らないのです。

ラクチンなコトばかりしていたら心身が整わない!効果が薄い! などなど、やり方考え方によっては必ずしもいいとは限りません。でもリストラティブヨガでポーズを長くホールドしている時、腰痛生理痛の緩和のためにお休みのポーズをとりたい時、あるいはただひと休みしたい時には、痛くないラクチンなポーズでいいと思いますよ。

カラダがラクチンな時は、きっとココロも優しくなっている。まぁるい気分になって、ゆったり呼吸できたら、それはそれで素晴らしいコトじゃないですか? “ふぅ〜” ”はぁ〜”って、たっぷりの呼吸とともに、どうぞお試しくださいませ。

******************
くつろぎアイテムの簡単便利な使い方
【ボルスター】
仰向けって楽じゃない! いえいえ、らくちん&快適ですよん♥
腰を伸ばして気分を上げる 気分がいい、キモチがいいって、素晴らしい
胸を開いてプチうつ撃退 キモチよく開けることがポイント!

【ネックピロー】
“あご”はどこを向く? 実はここが一番大事ポイント
腕・肩がらくちんになる使い方 このくつろぎ感ははまります!
開脚前屈だってらくちん 一度使ったらもう手放せない!

【アイピロー】
休むのは眼だけではありません 心や頭を鎮めたい時にだって便利!

くつろぎアイテム、詳しくはこちらから

ネックピローの使い方, お家でできるリストラティブヨガ  2014年03月26日 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です