心の疲労回復処方箋 〜5分目を閉じていられますか

breath

季節や環境の変化などでこの時期は忙しかったり、心もざわざわしていたり、なんだか落ち着かなかったり、不安だけが先走ったり、イライラしたり、、、

ジブンの手脚や頭を使うことで解決できることであれば、たくさん使って解決策を探して対応してみましょう。

でも、多くの場合、ジブン一人だけ頑張っても、考えても、動いても、解決しないわけで。。それなのに、解決できないことへ、解決できないジブンへ、ますますイライラや不安が募ったり、バタバタしたり、グッテリしたり、、、そんなジブンがまたイヤで、ますますイライラばたばたグッテリ・・・

“悪魔のスパイラル”って、勝手に呼んでいます。

ストレスコーピングとか、ストレスに打ち勝つとか、セルフマネジメントとか、、世の中にはいろんな方法が溢れています。できたらいいけど、わかってはいるけど、できないこと。できないジブンに、またイライラばたばたグッテリ・・・ 悪魔のスパイラル。

そんな時、プチ不調な時、気分が乗らない時にぜひ試してみてほしいこと。

5分間自分自身のために、すべてを止めて呼吸ができますか?

食事の時間にも、歯磨きの時間にも満たないようなたった5分でさえ、おそろしく長く感じたり、時には苦痛さえ感じることがあるかも。でも、その5分をジブンにプレゼントすることで、心が落ち着いて元気になったり、集中力が上がったり、生産性があがったりするはず。

5分間が難しかったら、、時間で計るのをやめましょう。代わりにゆったりとした呼吸を10回。

一度深く吐いて、、、吐ききって、スタート
自然に吸いたくなります。無理をしないで、気持ちよく吸って、、、ゆ〜っくり吐いて吐いて吐ききる。これで1回。
また吸いたくなったら、気持ちよく吸って、吐ききる。

吐き出す息、吸い入れる息に、集中していくと、アタマのなかを駆け巡るさまざまなコトも少しの間お休みに。この呼吸がどんな効果があるかとか、何秒吸って何秒かけて吐くとか、おなかが動くのか、、、そんなこと気にしなくても大丈夫。ただ、吐く息、吸い入れる息。

よく言われますが「息」は自分の心です。心と息はつながっている。だから、まず、‘呼吸’を‘息’を整える。‘呼吸’が整う環境を自分で作る。生きることは‘息’ること。

*たくさん吸うのが苦しかったら、たくさん吸わなければいいのですよん
吐ききってから、自然にキモチよく入ってくる量で十分じゃない?

*息を吸う時、お腹が膨らまなくても、へこんじゃっても大丈夫。
お腹を気にして呼吸が難しくなるくらいなら、おなかのことはまず忘れちゃってもいいんじゃない?

上手にできているのか、正しいのか、どんな効果があるのか。。それよりも、“キモチよく呼吸ができているのか”こっちの方がずっと大切だと思うけど。。。

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です