チェアヨガのすすめ

chair
このところのマイブームは“チェアヨガ” イスでサポートしながら楽しむヨガです。

チェアヨガというと、シニアヨガのイメージが強いのでしょうか。クラスで「今日はイスを使ってみましょう〜」となると、なんとなく空気が変わったような感覚に襲われることもあります。もちろん、「たのしそ〜」と上がるときもあるのですが。。。

まぁ、確かに
・イスさえあればどこでもできるヨガ
・着替えをせずにできるお手軽ヨガ
・腰や膝に痛みのある方、シニアの方でも安全にできるヨガ
ではあるのですが、

・呼吸とともに動きやすかったり、、
・イスを使うことで安定感が増し、余計な力みをとったり、、
・柔軟性や筋力に関わらず、心地よくポーズに入りやすかったり、、
・脊柱を上手に動かしやすかったり、、
・今のジブンにとって丁度いいところを見つけやすかったり、、
・グラウンディング(地に足がついている感、安定感)しやすかったり、、

ラクチンでお手軽である以上に、いいことがたくさんあるのです。

特に今時期は本当におすすめ。季節の変わり目、暑さにも慣れていない、しかも湿度も高い。こうなると、なんかだるかったり、調子が悪かったり、痛かったり、めんどうだったり。。。そんなときには、大きく動くよりも、気持ちよく伸ばしたり緩めたりする方がスッキリしたりします。ゆ〜っくりじわ〜っと、体内にたまったモヤモヤさんを流してみてくださいね〜

【チェアヨガの大事ポイント】
■どっしり構えましょう 〜足裏はドカっと地面に、お尻(坐骨)はドカっと座面に、骨盤は正面に! 
 *膝はまっすぐ前に向けます 開いたり、内股にしたりしません
 *イスには浅めに腰掛けます 深く座ると動きにくいです
 *キャスター付、回転イスは安定しないので、動かないイスがおすすめです

■骨盤をすらっと立てましょう 〜カラダの前を伸ばす感じ 背中がきもちよ〜く伸びますよ

■呼吸に合わせて動きましょう 〜いつも呼吸が先

■わざわざゆ〜っくり動きましょう 〜ゆ〜っくり丁寧に動くと、カラダからのメッセージをキャッチしやすくなります

■伸ばすところは伸ばし、緩めるところは緩めましょう 〜全部緩めちゃうと気持ちよさ感が味わえなかったりします

*ラクチンすぎて気持ちがよくない、、、と思われる場合は、上記5ポイント、ひとつひとつ確認しながらお試しください。腰が落ちたり、骨盤が斜めを向いていたり、スイスイ動かしたり、伸ばすところを緩めたりしていませんか??

そもそもヨガとは、、、という話しをここで続けるつもりは全くないので、“今日のところはこの辺で”。。。

*“今日のところはこの辺で” この感覚を味わいやすいのも、チェアヨガだったりするのです♬

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です