リストラティブヨガのブランケットを考える

20140708

リストラティブヨガで使うブランケット。なにがいいか、、という話しによくなります。難しいですね〜。好みもあるし、他のプロップ(ボルスターとかブロックとか)にもよるし。

私が教わったのは、メキシカンブランケットかコットンブランケット。重み、厚み、畳みやすさがあります。大事なんですよね、コレ。
・重み:掛けたときの安心感と安定感。ウェイトの代わりに使うこともできるので便利
・厚み:畳み方次第で高さを調整

こちらで使っているのは「メキシカンブランケット」。
blanket
購入してから時間も経っているため、同じモノが見つかりませんでした。重さ、厚み、畳みやすさがあり、使いやすいです。ただ、、、、すごいニオイがするものが届く場合があります。ワタシはまず複数の店舗から購入して、確認してから、大丈夫そうなところで数を揃えました。たまに天日干しも大事。使った後はお部屋の掃除が必要になります。なんか、いろいろ出てくるのね、きっと(ムシじゃなくて、繊維とかね)。

Yogaworks(ヨガワークス) ヨガブランケット
老舗ヨガブランドのブランケット。肌触りはいいし、ほどほどの柔らかさと‘キシッ’とした質感。扱いやすいです。厚みを出したり、ウェイト代わりに使うのにはあまり向いていないかも。色のバリエーションも楽しめます。

Yogaworks(ヨガワークス) ヨガブランケット アメジスト YW11811-01
ヨガワークス
売り上げランキング: 106,301

Hugger Mugger (ハガーマガー)デラックスウールブランケット
こちらも老舗ヨガブランドのウールのブランケット。重さも厚みもばっちりです。ただ、、、肌触りにたいしては意見がわかれそう。ちょっとお高め。色も選べますが、いわゆる‘カラフル’感はありません。

ニトリの綿毛布
こちらはリストラティブヨガのインストラクターに教えていただきました。厚みもでるし、柔らかさもあるし、何と言ってもお手頃価格シングルサイズ@1,420、ダブルサイズ@1,896(税別)。メキシカンブランケットのように、届いたら“クサい。。”という残念なことにもならないでしょう。ジブン用ならいいかも。クラス用だと、キレイにしてても、使い込み感がちょいっとコキタナイ感じになりやすいかも。。
ニトリ綿毛布

★フワフワのブランケットを使うインストラクターも。包まれると幸せです。おやすみなさ〜いに一直線。高さを出したい時にはちょっと難。その先生は、サイズも含め数種類のブランケットを使い分けています。

★海外のヨガサイトで購入すると、日本のヨガブランドよりもかなりお手頃価格。送料や関税がかかることもあるけど。ただ、、予想外の質感のものが届くこともあるので要注意。ほんと、ビックリすることがあります。

おうちリストラティブヨガ用であれば、まずは‘実家の押し入れ’を探すのもおすすめ。タカラモノが眠っていたりします。一昔前の毛布とか、タオルケットとか。最近のは化学繊維で軽くて薄くてフワフワなものも多いのでちょっと不向きですけど。大きめの座布団も便利アイテム。

クラスを持つのであればまた話しは変わりますが、ご自宅でのご自分用であれば、モノをあれこれ揃える前に、あるものを利用されることをおすすめしています。毛布、タオルケット、座布団、ビーズクッション、枕、タオル、イス、ソファとかね。お役立ちアイテムって、けっこう身近にあるものですよん♬

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です