おうちチェアヨガ 〜呼吸をしよう

image先日の「おうちチェアヨガ」勉強会。備忘録(お互いの。。)その1。
まずは、やっぱり呼吸から。

座面にお尻の骨でしっかり、どっしり座りましょう。
足の裏はドンと床に。指先も膝もまっすぐ前に向けておきましょう。
いつも土台の安定からスタート。

体の前をすらっと伸ばして、お腹を軽く持ち上げて、首も長く〜
でも顎あげない、軽く引きます。肩はリラックス〜
肩に力が入る時は、一度ギュ〜っとあげてから、ふぅ。。。で、ストンと下ろしてみましょう。

姿勢大事ね。慣れるまでちょっと面倒でも、イチイチ土台から作るクセをつけると、そのうちそれが普通になります。ラクチンになります。そう、それも習慣です。。

さぁ、あとはゆっくり、たっぷり呼吸するだけ。
手は腿の上でも、お腹の上でも。楽なところで大丈夫。

遠くに優しく届けるように、なが〜くゆ〜っくり吐いて、、、
気持ちよく吸い入れて、、、
その繰り返し。苦しくならないペースと深さでどうぞ。
好きなだけ、呼吸を楽しんでみてください。どんないいこと、どんな変化がカラダとココロに起こるのか。やってみて、感じたことが全てです。アタマで考えない。コトバに引っ張られないで。大丈夫、自分の感覚、信じてみてくださいね。

【ワンポイントアドバイス】
◼︎腹式呼吸になってない??
無理にお腹を膨らませたり凹ませたりしない。お腹の動きが気になる時は、お腹に手をあてておくと意識が向きやすくていいですよん

◼︎それでも、お腹が動かないときは、、、
背中を伸ばしたまま少し後ろに倒れて、背もたれに寄りかかって呼吸。
力を抜きやすくなります。でも、猫背になって胸の前が狭くならないように。。。肘を少し開くと胸が開きやすくなりますよん

◼︎回数や時間が気になって仕方が無いときは、、、
まずは5回、そして10回ですかね。。 10回やってみて、もう少し続けたいとき、続けられそうなときは、3分、5分に。優しい音のアラームをかけておくと安心でしょ。10回以上続けるときはアラームの方がいいですよん。数えるの大変だからね。。

******
わざわざゆっくり呼吸をする!っていう時間を作って、わざわざするのがいいのです。その時々で感じることも違くていいのです。ホッとしたり、ポカポカしたり、呼吸が浅かったり深かったり、気が散って仕方がなかったり、もっと続けていたかったり。。。いろんな変化も、いろんな自分も面白がって楽しんで みてください。そう、、、オモシロイの。呼吸も自分も。。

イスをつかったヨガ, カラダをゆるめるコツ, セルフケア, 心の疲労回復処方箋  2014年08月29日 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>