リストラティブヨガ〜脚をあげるとカラダもココロも楽になる

image

お疲れモード、脚のむくみ、下半身のだるさ、、、そんなときには脚をあげよう

壁に向かって脚をあげて転がっていたら、母親に叱られそうな気がしますが、、、自分メンテナンスのためにわざわざ脚を上げている!ワケですから、ただただお行儀が悪いわけではありません。

歩き疲れたときなど、足を高くして眠った経験もあることと思います。同じです。足を高くすることで、体液の循環がよくなり、むくみの解消や疲労回復に役立ちます。短時間で効率良くパワーチャージをするために、わざわざ足をもっと高く上げてみる。こんな感じ↓

image

【もっと快適に!ワンポイントアドバイス】
◼︎まずは首の安定を! ネックピローを使ったり、頭の下にタオルを引いたり。。
*首のポジションについてはこちらネックピローの使い方〜“あご”はどこを向く?

◼︎お好みですが、、身体の下が柔らかいと快適度数があがります。今回はヨガマット

◼︎お尻〜腰の下にブランケットや座布団をいれるとさらに流れが良くなってますますご機嫌
*血圧が高めの方はお尻は高くしないで、頭を心臓よりも高くしましょう

◼︎壁に踵があたるのに違和感を感じたら、ブロックなどの上にボルスターを。アキレス腱のあたりがボルスターの端っこに乗ると、アタリが柔らかくて快適です

◼︎お好みでボルスターの角度を変えてみるのも大事ポイント。壁とボルスターの間をクッションやブランケットで埋めると安定感UP!
*こんなイメージ:腰ゆるぐぅたらポーズ

◼︎腕は楽なところに。身体の横だったり、上(頭の方)に伸ばしたり、肘を曲げてみたり、、
いろいろ試して今日の快適ポジションを見つけます

◼︎脚を下ろすときは、まず膝を曲げて足裏をボルスターや壁にあててひとやすみ。そこから横になったり、膝を胸の方に寄せたり、、、ゆっくりゆっくり起き上がりましょう〜
ゆっくり、丁寧に、起き上がるのも自分への優しさです! ここ、すごく大事ポイント

************
脚をあげている時も気持ちがいいのですが、5分、10分くつろいでから起き上がると、脚が軽々〜。スッキリしてて楽しくなっちゃいます。それはそれでいいのですが、脚をあげている時の身体の安定感、どっしり感、重力に委ねきっている感、沈みそうな感覚。これが好きなんですよね。。おすすめですよん。

モデルのKさま、今回もありがとうございました

ラクチン度数をあげるお手伝い〜ヨガプロップの使い方はこちらから
【ヨガプロップの簡単便利な使い方】

リストラティブヨガ, ネックピローの使い方, ボルスターの使い方, お家でできるリストラティブヨガ  2014年09月08日 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です