旅先でこそ全身脱力で疲労回復したい!おすすめのリストラティブヨガ

image

なんでもいいけどひとまず休みたい。脚疲れた、腰痛い、、、
そんな時にはこんな感じ。10〜15分で驚異の回復。
image

ここのホテルには、使えるふわふわ枕とパンパン系クッションがあったので、フル活用。
imageimage

  • 頭の下の枕は縦に2つ折り。頭が胸より少し高く、顎が自然に胸の方を向くようにします。顎が天井を向かない。喉がしめつけられない、ラクチンなポジション作りを!
  • 背中の下には縦に枕。お尻はちゃんと床(というかベッド)に落ち着かせます。腰から胸は自然でゆるやかなカーブ。息が苦しくなるような急な反りは不要。腕はラクチンな位置に。自然と横に開くと胸も広がり呼吸が深まります。
  • 膝下にはパンパンなクッション。膝を曲げると、お腹の筋肉、腰回りが緩みます。

ポジションが決まったら、お口もぽか〜んと開けて、どんどん息を吐きましょう。音が出ても、声がでても大丈夫。「はぁぁぁ〜」って。そんな風に息を吐いても、離れていくのは体内に溜まった疲労だけ。幸せが逃げるどころか、カラダが楽になった分、もっともっと入りやすくなってきますよ〜。

身体の大きさ、体調、もちろん滞在先で使えるモノのサイズや硬さ、フワフワさによって、同じようにはできません。そう、同じにはならない。これが一番正しい使い方なワケではない!のです。大事なのは、大切にして欲しいのは、カラダの感覚。思わず「うふふ」ってなっちゃうくらいにラクチンなポジションを作ってあげること。過保護なくらいにね、たまにはご自身のカラダのためにもアレコレ試してみてくださいね〜

**************
脚のポジションなどは、こちらもご参照ください。
旅のお友達〜リストラティブヨガ ひとまず休足:膝下クッションの基本
旅のお友達〜リストラティブヨガ 休足more:お行儀が悪いけど、脚の疲れもムクミもすっきり

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です