枕ひとつでリフレッシュ 簡単伸び伸びポーズ

b406355d5cc7ea3144e4b64c8a9be64c_s
あぁぁぁ〜、なんだかカラダが固まってツライかも。。。
なんて言う時には、ぜひ! 
ホテルの枕やクッションひとつで、疲労回復リフレッシュ&リカバリー。

クッションや枕を腰の下に、、
骨盤が横になるように横向きにゴロン。
手はひとまず楽な位置に。
両脚も自然に曲げて、楽な位置に。
IMG_0792

脚はそのまま、上半身を開くように、上を向くように、カラダをゆっくりひねるだけ。

両肩は床(布団やマット)につけるように、、
肘も床(布団やマット))につけるように、、
もちろん手首、手の甲も自然に床(布団やマット)に下りるように、、、
IMG_0790

この時に、
・腰に負担を感じたら、クッションや枕の位置を変えてみる
 あるいはもう少し低いものに変えてみる
 もしくは、脚の位置や伸ばし方曲げ方を変えてみる
・肩が浮くようであれば、クッションや枕をもう少し低いものに変えてみる
・肘が浮くようであれば、腕を少し広げてみる
・それでも肘が浮くようであれば、薄いお布団やバスタオルをたたんで肘の下に。
*肩や肘が浮いてしまうと、腕の重さで下へ下へと引っ張られるため、肩周りや腕が疲れてしまうことも。カラダのそれぞれのパーツが、ゆったりくつろげるように、床(布団やマット)にしっかり下ろしてあげるのも、自分への優しさです。
IMG_0791

さぁ、あとはゆっくり呼吸するだけ。
しっかり胸を開いて、窮屈だったカラダの前や体側をを開いて、伸び〜っとどうぞ。

気持ちよく伸びたら、反対側も同様に。
カラダの右側と左側は同じではありません。もっと楽に伸びるかもしれないし、もっとキツく感じるかもしれない。その時は、またクッションや枕の位置や高さを調整してあげればいいのです。自分がゆったり寛ぐために、ほんのちょっと自分に手間をかけてあげるだけ。

*****
ゆったりとした捻りと後屈なのに、わたしのカラダはどれほど縮んでいたのかしら、、窮屈だったのかしら、、と思えるほどの解放感。呼吸のたびに、ぐい〜んと伸びて、ひろがっていくのを感じます。

旅行など長時間の移動では、同じような姿勢が続き、自分が思う以上にカラダは窮屈な思いをしていたり。さらに、いつもより大きく重たい荷物を背負ったり転がしたりで、普段以上に歩くだけでも体には負担がかかっていたり。もちろん、それはデスクワークなどの日常生活でも言えること。思った以上に、今の自分が感じている以上に、カラダは窮屈で大変な思いをしています。

時々、伸びっとして、ゆったりカラダの前側を伸ばしてあげてください。驚くほどすっきりしますよ。

**********

◼︎Studio PLUMERIA では、リストラティブヨガのワークショプも開催しています。詳しくはこちらから

◼︎旅先でできる簡単なリストラティブヨガのポーズをご紹介しています
ホテルにあるモノで〜トラベルリストラティブヨガ

■おすすめヨガ本 一冊あると便利です。ヨガスタジオなどである程度の経験のある方向け。

breathing, カラダをゆるめるコツ, セルフケア, リストラティブヨガ, 子育て中こそリストラティブヨガ, 心の疲労回復処方箋, 更年期ヨガ, 産後のリストラティブヨガ  2019年03月09日