お腹の声、聞こえていますか?

hara
先日、「自分の腸を感じてみよう!」という、腸のこと、食事のこと、相性のよいヨガのポーズや腸もみなど、内容盛りだくさんのクラスに参加する機会がありました。90分の短いクラスでしたが、新たに学ぶこと、考えること、感じること、、実り多き時間でした。

ヨガ、瞑想、呼吸法、アロマセラピー、メディカルハーブ、食餌、、、今我が家で取り入れていること、ワタシが続けていることは、ワタシにとってカラダにココロにすんなり入ってきたことばかりです。多くの健康法、健康食品、サプリメント、、、科学も化学も発達しモノも情報も溢れる現代でさえオンリーワンの正しいことはありません。実際、「便秘」でさえこれといった解決法はないのが事実であり、医療従事者が勧めることでさえ複数の書籍を読めば矛盾を感じることもあるのです。人のカラダはそれほどに複雑で多種多様だということだと思うのです。

今回参加したクラスでも、新しく学ぶこと、腑に落ちること、ワタシの理解とは違うこと、、様々です。でもそれをひとつずつ、どちらがいいとか、正しいとかを判断するのは難しいし不可能です。だからこそ、これまでの経験や知識もふまえつつ、自分の内なる声、身体の声を聞きながら、自分にとって必要と思われるもの、いいと思われるのものを選んだり、組み合わせたりするようにしています。答えへのカギは、いつも自分の中にあるはずだから。

「一番いいものはなにか」と急いで答えばかりを探しがちになるほどに忙しく、検索すればどんな答えも見つかりそうなほど情報も溢れているからこそ、自分の内なる声に耳を傾け、その声を自分自身をもう少し信じてほしいと、お伝えしていきたいと思うこのごろです。

*写真は、先生おススメのサラダ。ニンジン、リンゴ、レモン、くるみ、レーズンなど和えるだけ。生のニンジンさんが苦手なワタシでも、美味しく頂けました。。。

「腸」のはたらきに興味がある方へ、
多くの書籍を読みましたが、ワタシにすんなり入ってきたのは“便秘外来の専門医”松生恒夫氏。腸を冷やさないこと、生活習慣や食事、整腸法など、取り入れやすい&受け入れやすいライフスタイルを解説してくれています。著書多数、、ではありますが、新しいもの&面白そうなものを2〜3冊程度読んでみるのがおすすめ。そして、他の方の著書も読んでみて、、、って、数冊読んでみると、自分にとって落ち着く情報に出会えることと思います。

■松生恒夫氏

■辨野義己氏 こちらもなかなかおもしろいです

未分類  2013年10月29日 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です